成長続けるBTS所属事務所Big Hitエンタ、昨年の売上高540億円…SEVENTEEN、「Weverse」に仲間入り

韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の所属事務所、ビッグヒットエンターテインメントの2019年の売上高が前年の2倍近い5879億ウォン(約540億円)を記録した。

同社が5日発表した2020年上半期会社説明会の報道資料によると、2019年通期の連結決算(暫定集計)は売上高が5879億ウォン、本業のもうけを示す営業利益が975億ウォンだった。前年の売上高3014億ウォン、営業利益798億ウォンを大きく上回った。

売上高増加について「多角化した事業を通じ、CD・音源、公演、映像コンテンツ、知的財産権、プラットフォーム事業がいずれも売上高に貢献した」と説明した。

同社の房時赫(パン・シヒョク)代表は同日配信された映像による説明会で、ガールズグループのGFRIEND(ジーフレンド)が所属するソースミュージックの買収、韓国総合コンテンツ大手、CJ ENMとの合弁法人「Belift(ビリーフ)」設立を通じたマルチレーベル化、各事業部門の法人化を通じて事業領域を高度化し、多方面でビジネスを展開する企業としての体裁が整ったと述べた。

同社のユン・ソクジュン共同代表は、垣根を越えてより多くの国内外のアーティストとコラボレーションを進める計画だとした上で、その最初の例として芸能事務所、プレディスエンターテインメント所属の男性グループ、SEVENTEEN(セブンティーン)がコミュニティーアプリ「Weverse」に仲間入りすると発表した。

(2ページに続く)

・Big Hitエンタ、15周年を記念して防弾少年団(BTS)、TXTらグループフォト公開

・防弾少年団(BTS)&TXT、所属事務所Big Hitエンタ、15周年を記念するメッセージ公開

・Big Hitパン・シヒョク代表、米ビルボード「Power List」に選定…「防弾少年団」の成功で事業多角化

・「GFRIEND」、Big Hitに合流し初のカムバックが2月3日に決定

2020.02.05

blank