MBLAQ「新曲、ファン達との縁が繰り返されると信じて作った」

201411292002770826_5479aaead2e1a

5人組ボーイズグループMBLAQが単独コンサートにて、去る25日に発売された新アルバム「冬」のタイトル曲、「春 夏 秋 そして…」を初めて披露した。この曲を作曲したジオ(G.O)は「ファン達との縁が繰り返されると信じて作った曲」だと紹介した。

MBLAQ(スンホ、ジオ、イ・ジュン、チョンドゥン、ミル)は29日、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園のオリンピックホールにて、単独コンサート「Curtain call」を開催した。

この日MBLAQは初めて新曲「春 夏 秋 そして…」を公開し、爆発的な反応を得ている。メンバーたちは切ない感性のこの曲をパワフルな歌唱力で歌い上げ、ファン達は熱い歓声を送った。

この後、MBLAQのメンバーたちはファン達と話をする時間を持った。曲を書いたジオは「皆さんの為に一生懸命書いた曲だ。僕たちの縁も続いていくと信じて書いた。冬なので季節に合わせて、ダンスグループであるにも関わらずバラードを歌った。」と紹介した。

去る25日、MBLAQはメンバーたちが自作した曲で作ったミニ7集アルバム「冬」を発表した。別途に放送活動はせず、コンサートを通してタイトル曲「春 夏 秋 そして…」を含めた「'You ain't know」、「大丈夫だろうという言葉」のステージを披露すると予告していた。

イ・ジュンとチョンドゥンの脱退説が大きくなって、MBLAQのチーム存続についてファン達の関心が集まっている状況だ。MBLAQは一部メンバーたちの専属契約満了とは無関係にチームを維持する方向に意見を集めたし, コンサート以後再契約問題に対して論議する事にした。

メンバーたちは何も決まったことはないがMBLAQを維持するという意志を表明した。

この日のメンバーたちもファンも熱い涙を流した。

2014.11.29

blank