文定王后(ムンジョンワンフ)は本当に国王を毒殺したのか

11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后。彼女は自分が産んだ慶源大君(キョンウォンデグン)を王にするために、手段を選ばぬ悪行を重ねていた。特に、中宗の二番目の正室が産んだ12代王・仁宗(インジョン)の暗殺を狙った。

 

文定王后を訪ねた仁宗

中宗は1544年に56歳で世を去った。中宗の後を継いで仁宗が即位した。
1545年6月17日、側近が仁宗にこう伝えてきた。
「大妃様(文定王后)から、明日昼の祭祀が終わったら挨拶に来てほしいというお言葉がございました。殿下の体調が良くないようでしたら、陽気がとても暑いので、ご無理をなさると重病になるかもしれません。お控えになさったほうがよろしいのではないでしょうか」
仁宗は返答した。
「体調は大丈夫だ。たとえ暑くても、祭祀をやめるわけにはいかない。息子として、せねばならないことが長くできなかったので、随分と悲しい思いをしていた」

翌日、仁宗は祭祀を済ませて文定王后を訪ねた。その際に餅を勧められた。仁宗はそれを食べながら、文定王后としばし世間話をした。
それからしばらくして、仁宗は下痢に悩まされるようになった。
(ページ2に続く)

 

文定王后(ムンジョンワンフ)を大妃にしてはいけなかった!

朝鮮王朝を不幸にさせた文定王后!

文定王后(ムンジョンワンフ)/朝鮮王朝人物紀行14

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

 

2020.02.01