防弾少年団(BTS) V、「グラミー賞」パフォーマンス後の英語コメント公開

ボーイズグループ防弾少年団Vが、「第62回グラミー賞」でパフォーマーとして公演を披露した後に語った英語の感想を公開した。
防弾少年団は、26日(以下、現地時間)に「第62回グラミー賞(62nd GRAMMY AWARDS)」でビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)、ディプロ(Diplo)、リル・ナズ・X(Lil Nas X)、メイソン・ラムジー(Mason Ramsey)らと共に「Old Town Road All-Stars」を歌った。グラミー賞にプレゼンターに続いてパフォーマーとして参加して再び韓国初記録を作ったのだ。

防弾少年団は、合同ステージを披露したあとVアプリで全世界のアーミー(Army、防弾少年団ファンクラブ名)と共にこれを祝う時間を持った。Vは、この時英語でパフォーマンスの感想を伝えてTwitterでも語り切れなかった心境を公開した。

Vは、Twitterで「すべてのミュージシャンの夢はグラミーのステージに立つことです。僕たちはグラミーのステージに立つという夢がかなってとても幸せで感謝しています」という言葉を伝えた。

防弾少年団は、2月21日に4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」を発表する。先行公開した曲「Black Swan」は、28日にアメリカCBS「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン(The Late Late Show with James Corden)」で初公開される予定だ。

  • 防弾少年団(BTS)ジミン、初の自作曲「約束」がサウンドクラウドストリーミング2億突破
  • 米TIME誌、グラミー賞での「防弾少年団」パフォーマンスを絶賛 「新たな歴史をつくった」
  • 「防弾少年団」、故コービー氏を追悼 「僕たちはいつも彼のファン…彼を記憶する」
  • 防弾少年団(BTS)&リル・ナズ・X、記念すべきグラミー記念写真公開
  • 2020.01.28

    blank