「個別インタビュー」Fly to the Sky、互いの音楽的才能を認め合うデュオ「15年間活動してこられた秘訣は音楽性と頑張る姿勢、2人の距離感」

DSC_8636韓国で5年ぶりに復活を果たして以来、初となる日本でのファンミーティング「2014 Fly to the Sky 1st Fanmeeting~REVIVAL~」を11月23日(日)、東京・品川ステラボールにて開催し、大盛況のうちに終えた韓国のトップR&Bデュオ、Fly to the Sky。
デビュー15周年の貫録を見せつけ、超絶ハーモニー&楽しいトークでファンを魅了したステージから、一夜明けた翌日、ブライアンとファニの2人に話を聞くことができた。

 

あれほどの歌唱力を持ち、ステージではカリスマ性を発揮し、会場を一瞬にして掌握するFly to the Sky だが、インタビュールームに現れた2人はとてもさわやかで、気さくで親しみやすい印象を受けた。それは、2人の仲の良い空気感が伝わってきたからだろう。
インタビュー中も、マジメな話のときは真剣な表情だが、ブライアンがファニにちょっかいを出したり、ファニが話している横でブライアンがカメラに向けてピースをしたり、自由奔放な“イタズラっ子”的なブライアンをほほ笑ましく見守り、優しい心で受け止めるファニ、といった姿が垣間見え、楽しく和やかなインタビューとなった。

DSC_8622

Qファニさんは6月に同じ品川ステラボールで、ソロのファンミーティングを開催されましたが、今回は2人揃って。しかも、Fly to the Skyとして日本でファンミーティングを行うのは、2009年5月以来ということで、いろいろな思いがあったと思いますが、今ファンミーティングを終えてどんなお気持ちですか?
ブライアン:(おもむろにファニの腕を組み、寄り添いながらファニに)幸せだったんだろ?(笑)
ファニ:(照れながら)ハハハ。そうですね、Fly to the Skyとして、久しぶりのファンミーティングだったので、感慨深いものがあったし、以前のライブやイベントに来てくださった方もいらっしゃったので、本当にうれしかったです。
ブライアン:前回2009年のファンミーティングも同じ場所だったんですが、そこで、ファニと一緒にリスタートを飾るということで、不思議な感じもしたし、楽しかったです。それに、ファニと一緒にステージに立ち、鳥肌が立つようなうれしさがありました。

DSC_8504

Qお2人の歌声を聴いたファンも鳥肌が立っていたと思いますよ。
ブライアン:僕のファンだけでなく、ファニのファンの方も喜んでくださったし、僕を温かく見てくださったので、うれしかったですね。皆さんから感動したと言っていただいたんですが、僕も感動しました。

 

Qファンミーティングが終わった後はどのように過ごされましたか?
ブライアン:事務所のスタッフさんを交えてみんなで食事をした後、僕はあまりにも疲れていたので、部屋でマッサージを受け、すぐに眠りに就きました。
ファニ:ファンミーティングでは僕たちもファンの方も感動しましたが、事務所のスタッフの皆さんも感動されたみたいで、その食事のとき、何をしたら皆さんに喜んでもらえるか、というような今後の構想などを長々と話し合いました。

DSC_8520

Q今回はファンミーティングということで、歌の披露は10曲でした。曲選びが大変だったと思いますが、どのように選曲をしたんですか?
ファニ:韓国だと歌詞の内容が伝わるので、バラード中心の選曲もありえたと思いますが、日本だとすべての歌詞を理解してもらうことが難しいので、日本の方が好きなバラードに加え、パフォーマンスでコミュニケーションが図れる曲を半分ぐらいずつにしようと考え、構成しました。

 

Qでも、ファンミーティングでもお2人が韓国語で話していてもファンの反応が良かったし、Fly to the Sky のファンは韓国語が分かる方が多いですよね?
ファニ:そうですね。
ブライアン:韓国語で話してもリアクションを返してくれるのが、すごく不思議です。個人的に韓国語の勉強をしている方もいらっしゃると思いますが、Fly to the Skyがきっかけで韓国語の勉強をしている方もいらっしゃると聞きました。本当に僕たちのことを愛してくださっているのが分かるので、すごくありがたいです。

DSC_8513

Q9月にソウル・慶熙大学で行われたアンコールコンサートでは、ファンが選ぶFly to the Skyの歌の人気投票ベスト50が発表されていて、1位は「重力(Gravity)」、2位は「避」、3位は「YouYouYou」でした。この結果についてはどう思いますか?
ファニ:「重力」はすごく良い曲だったんですけど、僕たちがSMエンタテインメント(以下、SM)から独立する前のアルバムに入っていた曲で、活動期間が短かったので、もっと聴きたいというファンが多かったんだと思います。「避」はSMから独立して、最初にリリースした6thアルバムの収録曲です。リード曲「男らしく」の後続曲として活動はしましたが、やはりこの曲も活動期間が短かったので、ファンの要望があったのかなと。「You You You」は現在の人気の曲ということで選ばれたと思います。面白いのが、「重力」と「避」を手掛けた作曲家が同じということですね。

 

Qファンミーティングでは、愛着のある曲として、ブライアンさんが「男らしく」、ファニさんが「Missing You」を選んでいましたが、その理由は?
ファニ:「Missing You」は、Fly to the Skyがミュージシャンだということを印象付けることができた曲です。この曲から、Fly to the Sky=バラードというイメージが付いて、いろいろな作曲家さんから歌ってほしいとバラード曲が続々と送られてくるようになりました。「男らしく」は、SMから独立して初めてのアルバムのリード曲で、大手事務所から独立して、上手くいくだろうかと不安だったんですが、それを払拭してくれた好評を博した曲なので、それぞれ特別な曲ということで選びました。

DSC_8514

Q今ファニさんに全部お話いただきましたが、ブライアンさんは今の説明でよろしいでしょうか。
ブライアン:聞いてなかった(笑)。冗談ですよ! ファニの言う通りです。2曲とも僕たちにとって、とても意味深い曲です。

 

Q新曲「You You You」は音源チャート、音楽番組で1位を総なめにし、多くの人から愛される曲となりましたが、MVも印象的でした。1人の女性を2人が愛してしまい、殴り合いまでするという設定でしたが、もし実際にお2人が同じ女性を好きになったらどうなると思いますか?
ブライアン:理想のタイプが違いすぎるので、そういう状況はまずありえないと思います(笑)。
ファニ:ハハハ。ブライアンは東洋人より西洋人が好きなんです(笑)。
ブランイン:いや、国籍は関係ないよ! ファニはちょっと高慢でセクシーな人が好きですね。
ファニ:それ、勘違いしてるって!

DSC_8542

Qファンミーティングで、ファニさんは家庭的な女性が好きだと言っていましたよね?
ファニ:ハイ、僕はすごく家庭的な女性が好きです。

 

Qでは、ブライアンさんは?
ブライアン:僕は性格をみます。僕を笑わせてくれる、ユーモアのある方が好きですね。

 

Qブライアンさんもユーモアセンスにあふれた方ですが、相手にもそれを求めると?
ブライアン:自分並みのユーモアセンスまでは求めていませんが、僕が冗談を言ったとき、面白くなくても笑ってくれたり、自分が落ちこんだとき、笑わせてくれたりする人だったらいいなと思います。

DSC_8601

Q1999年にデビューし、今年15周年を迎えましたが、デビュー当時は今のような姿を想像していましたか?
ブライアン:いえ、全く。僕の場合、米国の高校に通っているときにSMと契約をしたんですが、韓国で5年くらい活動したら、また米国に戻って大学で勉強しようかなと漠然と思っていたので。それが気付けばもう15年ですからね。今まで、数百曲くらいレコーディングをしましたが、曲名も忘れてしまった曲もあるくらい、長く活動してきましたね。

 

Qこうして長く活動してこられた秘訣は?
ファニ:曲に関しては、ベースはR&Bですが、もうちょっとポップよりのバラードなので、一般の方たちに共感してもらえるんだと思います。あとは、僕たちが一生懸命頑張っている姿をファンの方たちが温かく見てくださっているんだと思います。

 

Qお2人の関係性はいかがですか?
ファニ:お互いにプライベートなことまでは、深く干渉しないですね。それに、根掘り葉掘り聞くこともないし。
ブライアン:例えば、彼女ができたというときでも、「彼女できたの?」と聞くことはないですね。それぞれ、話したいときに話して、それにリアクションするという感じ。昔はちょっと気分を害することまで踏み込んで聞いたりしていたんですが、今は空気を読んで、話し掛けちゃいけないときだ、とかそういうことまで分かるようになってきたので、お互いにいい線引きができているし、いい距離感を保っていると思います。

DSC_8573

Q15年経った今だからこそ感じる、お互いの魅力というのをそれぞれ教えてください。
ファニ:(気恥ずかしいなという表情で)おお(笑)。
ブライアン:僕はたくさんありますよ。ファニは音楽的な才能が素晴らしいのはもちろんですが、自己管理がしっかりしています。それと声。ミュージックバラエティー「本物は誰だ! HIDDEN SINGER」でも、ファニのモノマネ名人が出てきたんですが、やっぱりこの声はファニにしか出せない、神から贈られたんじゃないかというくらい、人にはマネできない声が魅力です。それから、モデルとか俳優になれるハンサムな顔。ほぼ完璧です!

DSC_8622

Qファニさんの人柄に関してはいかがですか?
ブライアン:なかなか気付かれないんですが、実はファニは面白いんですよ! 本当に親しくなると、落ち込んでいるときに笑わせてくれる、癒してくれるようなところが隠れた魅力です。(ファニにドヤ顔で)いいこと言ったでしょ?(笑)
ファニ:(照れ笑いした後)ブライアンは……。
ブライアン:まさか、ないとか!?(笑)
ファニ:ブライアンの魅了は美声ですね。いくら練習しても他の人には出せない、声の美しさがあります。あとユーモアセンスがあるので、コンサートのMCが面白いです。それから、ガッチリした太もも(笑)。
ブライアン:あ~、それは認める。この太もも、意外と女性たちに好評なんですよ(笑)。
ファニ:健康美あふれる姿ですね。魅力を挙げてと言われたら、いくらでも話せるんですけど。
ブライアン:(高い声で大げさに)オモ!(あら、まぁの意味)
ファニ:全部話してしまったらつまらないので、(ブライアンが)日本で活動する姿を見ながら、少しずつファンの方が知っていくといいと思いますよ(笑)。

 

Qファニさんは6月に来日されましたが、ブライアンさんは日本に来るのは久しぶりですか?
ブライアン:そうですね。数年ぶりです。

DSC_8591

Q久しぶりの日本はいかがですか?
ブライアン:僕、日本の食べ物が好きなんですよ。なので、ファンの方に会えるのもうれしいんですが、韓国でなかなか食べられない日本の料理を食べるのが楽しみで。あと、日本に来ると、心が安らかになる、リラックスできるような気がします。

 

Q今回は何を食べたんですか?
ブライアン:初日は豚のしゃぶしゃぶ。初めてだったんですが、すごくおいしかったです。それから、コンサートのときのケータリングも良かったですね。自分で好きなものを選んで食べられるので。昨日はお好み焼きを食べましたが、それもおいしかったし、今日食べたカレーのお弁当もおいしかったです。でも、一番好きなのは寿司です。神戸牛のビーフステーキも好きですね。

DSC_8630

Qファニさんは日本に来るとよく食べるものとかありますか?
ファニ:僕は何でも好きなので。でも、日本に来るたびにうどんを欠かさず食べているような気がします。(日本語で)うどんが好きです(笑)。

 

Q今後の活動予定を教えていただけますか?
ファニ:12月23日から25日まで、ソウルの慶熙大学でGUMMYさんとのジョイントコンサート「THEクリム」を開催します。そのコンサートが、大邱、釜山、仁川と来年1月まで続きます。それ以降は、今回の9thアルバム「CONTINUUM」が大好評だったので、それをさらに上回るクオリティのアルバムを制作しようと考えています。

 

Q来年はぜひ日本全国ツアーをやっていただけたらうれしいですが。
ファニ:僕たちもそう思っていますが、今はもっと日本の方にFly to the Skyのことを知ってもらう段階なので。
ブライアン:いつかね。
ファニ:今もたくさんの方に応援していただいているんですが、今以上にもっとたくさんの方に応援していただけたら、全国ツアーができるようになるのではないかと思います。

DSC_8639

お互いの音楽的な才能を認め合い、尊重し合う2人だからこそ、15年という長い月日を共に歩み、第一線で活躍し続けてきたFly to the Sky。インタビュー中も、笑いの絶えない2人の絶妙なコンビネーションが印象的だったので、「普段からこんな感じなんですか?」と聞くと、「堅苦しい感じより、楽しい現場で仕事をしたい」とブライアン。ポラロイドの撮影を自撮りでお願いし、ファニが撮ろうとした瞬間、ブライアンがその後ろにひょいと写り込んでニンマリするなど、周りにいたスタッフも大いに笑わせてもらった。
歌っているときとのこのギャップが、2人の魅力でもあるのかもしれない。また、次はどんな楽曲でファンの耳を楽しませてくれるのか、期待して待ちたい。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

2014.11.27

blank