SMエンタが中国電子商取引大手と協議中 「投資報道は事実無根」

SMエンタが中国電子商取引大手と協議中 「投資報道は事実無根」

中国の電子商取引大手「阿里巴巴集団(アリババ)」が、韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメント(以下、SMエンタ)に1000億ウォン(約100億円)相当の投資を進めていると報じられる中、SMエンタは「事実と異なる」と反論した。

SMエンタは25日「中国事業に関連し、いくつかの企業と提携および協力に関して協議していることは事実だが、(アリババの)投資関連の記事ついては事実と異なる」と明かした。

しかし、複数の企業と協議を進めていることは事実で、近日中にも中国企業との提携、協力が締結されるものとみられ、関心が高まっている。

なお、SMエンタ以外にも韓国芸能界は中国資本が大規模流入されることが予測され、様々な協力法案を推進中であることが報じられている。

WOW!korea提供

2014.11.25

blank