トンイは息子を王にするために何をした?

王の寵愛を受けた淑嬪・崔氏

張禧嬪を愛する気持ちを完全に失ってしまった粛宗が、別の女性を寵愛するようになってしまったのだ。
その女性こそ、張禧嬪のライバルと言われる淑嬪・崔氏である。
結果的に張禧嬪を王妃から側室に戻した粛宗は、一度は廃妃にした仁顕王后を王妃に復位させた。
それでも王の息子を産んでいる張禧嬪のほうが、淑嬪・崔氏より立場が上だった。
しかし、そんな張禧嬪の立場を脅かす出来事が起きる。1694年に淑嬪・崔氏が粛宗の息子を産んだのである。

その後、張禧嬪は呪詛(じゅそ)を行なって王妃に復位した仁顕王后に呪いをかけようとした。
それが原因かはわからないが、仁顕王后は1701年に世を去っている。
(ページ3に続く)