抜群のビジュアルで注目度No.1韓国若手俳優キム・ボム、今月開催の単独ライブは初の全編フルバンド形式!

 

 

今年6月に待望のファーストアルバム「Home Town」を発売した今最も注目度の高い韓国若手俳優キム・ボムの単独ライブ[KIM BEOM JAPAN LIVE 2012]の開催がいよいよ今月に迫った!

ファーストアルバム「Home Town」の発売の際には、東京・お台場ヴィーナスフォート・教会広場で発売記念イベントを開催、のべ2,000人が集結し改めてその人気の高さが話題となりました。

これまでも出演ドラマのOSTやファンミーティングではセンスの良い歌声を披露し、多くのファンを獲得してきたキム・ボムですが、“歌手キム・ボム”としての単独ライブの開催は今回が初めて。

 

キム・ボム

さらに今回のライブはフルバンドを従えた形で構成されている。

これまでにもファンミーティングで一部バンドを従えたことはあったものの、全編通してフルバンドを従えてのライブは今回が初。

 

ここでしか見ることができない歌手としての一面で存分にファンを楽しませてくれることは間違いなさそうだ。

韓国では来年放送予定のKBS2TV最新ドラマ「その冬、風が吹く(原題)」にも出演が決まり、これからの活躍がますます期待されるキム・ボム、是非今回の初ライブをご注目下さい!

 

 

[KIM BEOM JAPAN LIVE 2012]

 

日時:2012年11月21日(水)/22日(木) 時間:両日とも開場18:00 開演19:00

会場:品川プリンスホテル ステラボール(東京)

チケットに関する情報は、オフィシャルHPまたはオフィシャルモバイルサイトにてご確認下さい。

オフィシャルHP:http://www.kimbeom.jp/ オフィシャルモバイルサイト:http://mobile.kimbeom.jp/ (スマートフォンは除く)

《キム・ボム ファーストアルバム「Home Town」好評発売中》

リード曲「Home Town」は、美しい情景が目に浮かぶようなメロディラインに、懐かしく安らかな心の拠り所を歌詞に込めて歌い上げた1曲。

自身も積極的に選曲に取り組み、他にもバラードやロックテイストといった様々な ジャンルの楽曲に取り組み、まるでアーティストとしての様々な顔を魅せていくような作品に仕上がりました。

本作の総合プロデュースは韓国内で数々のドラマOSTを手掛けたPark Geun Chulが担当。

(「宮」「シティーハンター」)日本語楽曲は、市川喜康やSatomi、渡邉美佳などが参加。 全7曲(内4曲が日本語楽曲)

 

■仕様 CD+DVD/PCCA-03614/3,000(tax in) CD収録曲:全7曲/DVD:「Home Town」ミュージックビデオ&オフショット収録

1.Day Break  ※日本語詞

2.My Old Friend

3.Home Town  ※日本語詞

4.雪月花    ※日本語詞

5.君のための歌

6.夢の後先   ※日本語詞

7.太陽と月

2012.11.07

blank