ZE:Aチョン・ヒチョルーキム・ドンジュンが出演のウェブドラマ、現地反応急上昇!

article

ボーイズグループZE:A(帝国の子どもたち)のキム・ドンジュンが出演したウェブドラマ「後遺症」と、チョン・ヒチョルの初演技デビュー作のウェブドラマ「人形の家」が中国にて爆発的な人気を呼んでいる。

去る17日中国・北京にてウェブドラマ「人形の家」PPTV放送記念発表会が開かれた。この日発表会にはウェブドラマ「人形の家」にてビョンテ役として初主演を務めるチョン・ヒチョルと、今年1月ウェブドラマ「後遺症」を通して多くの人から愛されたキム・ドンジュンが参加した。

特にウェブドラマ「後遺症」は中国現地にて6千万ビューを記録した。これはチョン・ヒチョルが出演する新NAVERウェブドラマ「人形の家」に対しての期待値が間接的に分かる数値だ。

キム・ドンジュンとチョン・ヒチョルの所属事務所、スター帝国側の関係者は「ウェブドラマの主人公として”帝国の子どもたち”のヒチョル、ドンジュンがそれぞれキャスティングされて国内だけでなく、海外でも多くの愛を受けており嬉しく思っている。」とし、「多様な姿を通して発展していく姿をお見せしたい」と話した。

チョン・ヒチョルが出演するウェブドラマ「人形の家」は国内初、韓国、中国、アメリカの3ヶ国にて同時放映されている。総12部作で去る16日から来る28日まで、金・土・日曜日の夜12時にNAVERキャストにて見ることができる。

この知らせを見たネットユーザーたちは「『人形の家』、関心が爆発的ですね」、「『人形の家』、楽しく見ています」、「『人形の家』、中国でも人気が高いね」などの反応を見せた。

2014.11.18

blank