「速報」C-CLOWN 日本のファンと約半年ぶりの再会「C-CLOWN LIVE in JAPAN~!Let's love!!!」開催

DSC_7622

2012年にロム、シウ、レイ、カン、T.K、マルの6人で結成されたボーイズグループC-CLOWN。今年7月韓国で4集ミニアルバム「Let’s Love」のカムバックで歌にラップ、ダンスとさらに磨きをかけた姿を披露し注目を浴びた彼らが、約半年ぶりに日本に来日し単独公演「C-CLOWN LIVE in JAPAN~!Let’s love!!!」を11月15日(土)東京・ラフォーレミュージアム六本木にて開催した。

日本デビュー前にも関わらず日本でも大人気の彼ら。会場には日本だけでなく韓国や台湾など各国のファンが駆けつけた。6人揃いのホワイトシャツで爽やかに登場すると会場は早くもヒートアップ。鳴り止まない歓声の中一曲目を歌い終えると激しいダンスに息を切らすメンバーたち。彼らが見せる一つ一つの動作に歓声が上がりファンの反応の良さを喜んでいる様子が見えた。カン・ジュンが「みなさん楽しいですかー?」と第一声を発するとファンはペンライトを高く挙げてそれに応えた。その様子を見たリーダーのロムは「誰が一番好きですか?」とファンに問いかける。自分の好きなメンバーを大声で叫び声援を送るファンの姿を見たレイは「全員好きみたい♡」と満足そうに微笑んだ。ファンとの再会を掛け合いで楽しむと、早速次のステージへとライブは進んだ。

 

DSC_7455

メンバー紹介では日本語で各自あいさつを行い、愛嬌を披露し、キヨミプレーヤーやふなっしー語も飛びなすなどかわいい一面を見せてファンを魅了させた。また、衣装替えの際にメンバーが準備する間に流された映像ではメンバー同士が質問し合い、C-CLOWNの仲の良さ映し出され、好きな日本語や自分の体の中で自信のある部分、そしてロムとマルのキスのエピソードなどが語られた。

この他、ロム、マル、シウの3人のスペシャルステージやファン参加型のイベントが行われるなどファンとの距離がとても近く、ライブ終了後にはメンバーとのハイタッチ会も行われ、ファンにとっては忘れられないライブイベントとなった。

 

DSC_7418

詳しいレポートは後日掲載致します。

 

2014年11月18日 PM3:30:配信 (C)korepoニュース

2014.11.18

blank