「コラム」韓国紅葉の旅1「南怡島(ナミソム)」

韓流ドラマの傑作だった『冬のソナタ』。このドラマには美しいロケ地がたくさん出てきたが、一番思い出深いのは南怡島(ナミソム)。ここは、韓国でも紅葉が大変美しいところとしても有名だ。

ソウル市民が紅葉を楽しむ島
『冬のソナタ』のメインのロケ地となった南怡島(ナミソム)は、ソウル市民にすれば、日帰りで紅葉を楽しめる絶好の観光スポットである。
場所は、ソウルから東北方向に70キロ。北漢江の中州にできた小さな島である。ちょうど葉っぱのような形をしている。島をのぞむ水辺の風景も浮世離れしていて行楽地として申し分のないところだ。

北漢江を渡る船に5分ほど乗って南怡島に着く。すぐに島の全体を示す大きなボードがあり、いまだに『冬のソナタ』の雰囲気を漂わせている。いかに、南怡島が『冬のソナタ』と切っても切れないかがわかる。
(ページ2に続く)

紅葉の季節に見ると味わいがますます深まる/トッケビ全集26

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

全力で映画『徐福』に取り組んでいる/パク・ボゴム全集22

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

2019.10.16

blank