「Fin.K.L」、14年ぶりにダンスレッスン開始…伝説のマネージャー登場に涙

「Fin.K.L」が、14年ぶりにダンスレッスンをスタートさせた。

8日のJTBC「キャンピングクラブ」では、ファンたちとの交流に向けてダンスレッスンを開始する「Fin.K.L」の様子が放送された。

「Fin.K.L」メンバーたちはダンスレッスンのため、ソウル某所のスタジオを訪れた。ダンスレッスンは久しぶりということで心配もあったが、メンバーたちの表情はすぐに輝きを取り戻した。

「Fin.K.L」活動中、共にレッスンを行っていたダンサーたちに会ったからだ。

再会を喜ぶメンバーたちは、仲良く挨拶を交わし、月日が経ったことを確かめ合った。さらに、互いをディスりながら笑いあう場面もみられた。

「Fin.K.L」はさらに、かつてのダンスチームと共に当時の振り付けを再現し始めた。

リーダーのイ・ヒョリが「昔の振り付けをどれくらい覚えているか確かめてみよう」と呼びかけると、メンバーたちはデビュー曲「ブルーレイン」のダンスを始めた。

さらにダンスレッスン中、「Fin.K.L」にとって嬉しい来客もあった。「Fin.K.L」時代を共に過ごしたマネージャーたちだった。

久しぶりの再会に、メンバーとマネージャーたちは共に涙を流して喜んだ。

スタジオを訪問したマネージャーの中には、「Fin.K.Lがうるさすぎて一旦車から降りたら、オク・チュヒョンがシートベルトをして出発してしまった」という伝説のエピソードを持つ人もいた。

WOW!korea提供

  • イ・ヒョリが涙、「Fin.K.Lに対する未練が残っていた」…「キャンピングクラブ」最終日の本音
  • 「Fin.K.L.」、コンサートへの不安を吐露…キャンプ最後の夜にそれぞれの思い語る
  • イ・ジン(Fin.K.L)、日常の写真も映えるニューヨーク宅
  • 「ヒョリを見るのが辛かった」…オク・チュヒョン(Fin.K.L)、番組内で告白
  • 2019.09.08

    blank