「コラム」『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ソジュンがとてもいい!

人気俳優のパク・ソジュンとパク・ミニョンが共演したドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』。2人の相性が抜群でラブコメの王道を行く面白さだ。改めて、このドラマの見どころをさぐってみよう。

勘違いしたナルシスト

タイトルからして興味をそそられる。
『キム秘書はいったい、なぜ?』
このドラマの主人公は、ユミョン・グループ副会長のイ・ヨンジュンだ。パク・ソジュンが演じている。
ヨンジュンは完璧な男。外国語が堪能で、仕事が抜群にできて、長身で、ハンサム。「完璧な人間しか愛さない」と言っている彼は、一番自分が好きだというナルシスト。常に自分が最高だと思っている。
そんなヨンジュンに長く仕えたのがキム・ミソ(パク・ミニョン)だ。秘書として有能だし、美貌もすばらしい。このキム・ミソが、突然退職を願い出るところからドラマは始まっていく。
とにかく、ヨンジュンは理由がわからない。
なぜ、ミソが秘書を辞めたがるのか。
実は、ミソは自分の家が抱えていた借金をすべて返し終わり、今度は自分の人生を自由に歩みたいという強い希望を持っていた。

ミソは、早く結婚もして家庭を持ちたいと強く願っていた。このまま秘書を続けながら歳を取っていくことに恐怖感すら覚えているのだ。
(ページ2に続く)