「ZE:A」ジュンヨン、活動中断へ…事務所側が公式発表した全文

「ZE:A」ジュンヨン、活動中断へ…事務所側が公式発表した全文

韓国アイドルグループ「ZE:A」のジュンヨンがしばらくの間、活動を中断することが発表された。

ジュンヨン(ZE:A)は21日午後、公式ファンサイトに今回の事態に関する最後の立場を整理するとの文書を掲載している。

これに対し、所属事務所スター帝国は同日、ジュンヨンとの葛藤について「こんにちは、スター帝国です。これまで一か月間に起きた『ZE:A』リーダー、ジュンヨン君とシン・ジュハク代表との不和について、正確な事実をお知らせしようとこの文書を掲載します」とし、「まず、私たちスター帝国はジュンヨン君を含め、全メンバーとシン代表との間に起きた出来事について、深くお詫びいたします。『ZE:A』を愛する多くの方々へジュンヨン君と会社間の不仲説、そしてジュンヨン君とスター帝国に関して拡散した誤解やデマについて、率直に申し上げたいと思います」と公式立場を明かした。

続けて「ジュンヨン君が自らTwitterへ掲載した、事務所と芸能人間の意見不一致は、限定された会社だけの問題ではないと思っております。約10年間、スター帝国に所属しており、ジュンヨン君と『ZE:A』メンバーもやはり、お互いにより良い方向へ発展すべきであるとし、代表と直接協議の場を設け、会社とメンバー間で納得できる答えを見つけようとしている最中でした。しかし、大阪と東京でのファンミーティングを翌日に控えた9月12日、メンバーであるテホン君の負傷直後、治療処置が不十分だったことが発端となってメンバーたちの不満が爆発し、会社とはこれ以上は話をしても仕方ないと判断したリーダーのジュンヨン君が、メンバーに代わって大衆の力を借りようとTwitterを通して事態を知らせようとしました。懸命な方法だとはいえませんが、ジュンヨン君の立場としては、仕方のない選択だったと考えます。会社側としては、このような事態を(大衆へ)知らせることとなった責任を痛感しております」と経緯を説明。

また、「21日の翌日、誤解と葛藤を解いたという謝罪文についての誤解と真実、そして収益の分配率とその他所属アーティストとしての権限や福祉について良い解決策を見出そうとしました。これに、ジュンヨン君はTwitterを通して物議をかもした点に関して謝罪し、良いステージでお返しすると約束しました。しかし、翌日の謝罪文は、ジュンヨン君の意志よりは、会社側の立場が強く反映された内容でした。会社の立場としては、これ以上内部の問題によって大衆やネットユーザーを混乱させるべきではないと考えたためです。しかし、これによりジュンヨン君に対する大衆の推測による誤解が大きくなり、ジュンヨン君が反論意見を再び露わにしたことで、大衆の反感がさらに強くなりました。会社の判断ミスにより、ジュンヨン君へまた心の傷を与え、不必要な誤解を招くこととなり、後悔しています。10年間で積み上げられた不満と悔しさを解決するには、1日という時間はあまりに短かいもので、10年間の苦労と試練を伝えるには、140文字ではあまりに少なかったのです」と明かした。

最後にスター帝国は「今後の計画としては、現在『ZE:A』のリーダー、ジュンヨン君を含めたメンバー全員とシン代表が話し合いながら、新たなシステムを構築していくところです」と報告。ジュンヨンについては「今後の計画のため、SNS上の疎通と活動をしばらくの間中断し、また新たな姿で復帰する彼を待っていてください」と伝えた。

これを前にジュンヨンは先月21日、自身のTwitterを通して所属事務所に対する不満を掲載し、物議をかもしていた。

当時、ジュンヨンは収入の配分などを問題に挙げ、その翌日には「物議をかもしたことをお詫びします。少し前、代表と対話の場をもち、僕たちの本心を伝えられたことを幸いだと考え、(葛藤が)解消されました」とし、「僕たちの声に耳を傾けてくれた代表へ心より感謝します」として、問題は解決したと伝えていた。

その後、ジュンヨンは去る15日にもTwitterに「D-7 10/21.9/21 それ以降」とし、「見えるままに全てを信じないで」との文書を掲載。さらに、自身の税金徴収が示された領収書を公開した後、すぐに削除するなど、不可解な行動が見られた。

続けて、17日深夜には自身のInstagram(インスタグラム)に「心配することはありません。良いこと、良い知らせがあるはず。僕たちが信じている分、信じてください。元気に過ごしているということを見せたかった。家族と共に元気に過ごしています。これまでできなかったことをやりながら…」という文書を掲載し、ファンを安心させていた。

一方、「ZE:A」のシワンはケーブルチャンネルtvNドラマ「ミセン」に出演しており、ヒョンシクはKBS2週末ドラマ「家族同士どうして」に出演中。また、グァンヒも各種バラエティ番組へ出演するなど、活発な個人活動を展開している。

WOW!korea提供

2014.10.21

blank