「個別インタビュー」キム・ヒョンジュン(マンネ)、飾らない気さくな人柄が魅力!「悪い男?僕は優しいのでなれません。母のようにクールになりたいです」

DSC_3371


【動画】キム・ヒョンジュン(マンネ)メッセージ到着!

11月19日にリリースされるシングル「BETTER」を引っ提げ、10月10日と11日に東京・ディファ有明、13日に名古屋・Zepp Nagoyaにて、約1年ぶりに開催した日本ツアー「KIM HYUNG JUN 2014 LIVE TOUR –Endless Story-」を大盛況のうちに終えたSS501のマンネ(末っ子)キム・ヒョンジュン。

ここ数年はドラマ「輝ける彼女」「金よ、出てこいコンコン」「愛は歌に乗って」、映画「俳優は俳優だ」、そして最近終了したミュージカル「カフェイン」まで、俳優としても目覚ましい活躍を見せ、一段と輝きを増したキム・ヒョンジュンが、久しぶりにアーティストとして帰ってきた!

 

そこで、熱いライブを終えたキム・ヒョンジュンを直撃し、新曲の聴きどころやMVの撮影秘話、またプライベートな話までたっぷり語ってもらった。

都内のスタジオで行われた今回のインタビュー。新曲「BETTER」が流れる中、明るく陽気な姿のキム・ヒョンジュンが、準備が整い、インタビュールームに「こんにちは、よろしくお願いします」と優しい笑顔で入ってきた。スタイル抜群でとてもカッコいいのに、ナチュラルで壁を感じさせない人という印象を受けた。

「まずはライブのお話から聞きますね」と説明すると、「どうぞ」と余裕のある笑みでうなずき、インタビューがスタート。こちらの質問にテンポ良く、的確に答え、つっこんだ質問にもフランクに答えてくれた。

 

Q日本で約1年ぶりのツアーを東京と名古屋で開催されましたが、いかがでしたか?
スッキリしたな、終わったなという思いと同時に、寂しさがあります。本当はもっともっとやりたかったんですが、韓国でのスケジュールがあり、今年は以上となるので、皆さんに申し訳ない気持ちもあります。

 

Q真っ白な衣装で登場し、王子様のようにステキでしたが、キム・ヒョンジュンさんのスリムになった姿にファンの皆さんが驚いていました。
もちろん、当然ビックリしますよね。僕自身もビックリしているので(笑)。こんなに短期間で痩せるとは思いませんでした。

 

QMCでは2週間で8キロ減量したとおっしゃっていましたが、新曲MVの撮影のためですか?
ハイ、それとジャケット撮影のために。

 

Qどんな方法で?
毎日毎日、2時間運動しました。

 

Q以前、ドラマ「輝ける彼女」のときも役作りで減量されていましたが、そのときとは違う方法ですか?
同じ方法ですね。食事制限をしながら、ランニングを1時間、ウエイトトレーニング、筋トレを1時間しました。

 

Q前も寒い時期だったと思いますが、寒い時期のダイエットは大変ではないですか?
大丈夫です。寒いから。寒いからこそ、たくさん走るんですよ(笑)。

DSC_3352

Qファンの方はマネできそうにないですね。
マネしないでほしいです。あまりにも大変なので。

 

Q今回のライブでは客席から「かわいい」という声もありましたが、以前にも増して「カッコいい」という声が多かったように思います。
ハハハ。当然の結果だと思いますね(笑)。

 

Qカッコよさは内面から出ると思うんですが、何か心の変化などがあったんですか?
新曲「BETTER」のような音楽をやりたいと思ったこと自体、気持ちが変わったということですよね。今までたくさんのことがあったので、そういうことを音楽で表現したいと思いました。その経験の中には、悲しい経験もありました。

 

Q「BETTER」は愛よりも孤独を選んだ悪い男の心を表現した曲だそうですが、聴きどころは?
「エエエーエ」というフレーズと、ラップパートを担当してくださったハ・ジュヨンさん(JEWELRY)のラップの部分もすごくいいので、しっかり聴いてほしいなと思います。

 

Qレコーディングのエピソ-ドは?
僕自身がプロデュースをしたので、とにかく忙しかったという記憶が残っていますね。

 

Q「BETTER」のMVでは、たばこを吸うシーンやガスマスクをつけた姿などが出てきますが、どんなコンセプトで撮影されたんですか?
僕は殺し屋を演じたんですが、ボスからある女性を殺せという司令を受けて、彼女を殺しに行くんだけれど、それが愛する女性だったので殺せないという状況に置かれ、心を痛める切ない男を表現しました。

 

Q映画になりそうなストーリーですね。
そうですね、映画のようなコンセプトのMVでした。

 

QMV撮影中のエピソードがあれば教えてください。
長い時間、運転をしたので、とても疲れました。それから、ダンスのシーンは一日中撮らないといけなかったんですが、最後の日に撮ったので、これもまた大変でしたね。

 

Qその車はご自分の車ですよね?
前もってMVの撮影チームに、もし撮影で車が必要だったら、自分のものを使いたいと提案しておいたんです。

 

Qたくさんの方が見るMVで自分の車を見せてしまうと、普段の生活でファンから気付かれて困るということはありませんか?
皆さんもともと知っているので、あまり心配はしませんでした(笑)。

 

Qキム・ヒョンジュンさんが考える“悪い男”の魅了とは?
目の前にいるときは会いたくないと思うけれど、いなくなると会いたくなるって思わせるのが、悪い男じゃないですか?(笑)

 

Qご自身はどうですか?
僕はあまりにも優しいので(笑)。悪い男にはなれませんね。

DSC_3365

Qそれでは今28歳のキム・ヒョンジュンさんはどんな男で、今後どんな男になりたいですか?
今はまだまだ恋愛したい年齢なので、ロマンチストになりたいという気持ちがあって、常に優しい男なんですが、もう少し時間が経ったら、クールな男になりたいです。恋愛も仕事もクールにこなしたいです。男らしさってクールさにあると思うんですよ。すべて受け入れて理解できる、そして終わったらきっぱりと終わらせるという男になりたいですね。

 

Qロールモデルとなる方はいらっしゃいますか?
僕の母ですね。母がすごくクールなんですよ。すごくキッパリしているし、サバサバとしていて。ダメならダメ、終わったら終わったと後腐れがないんです。僕の場合は、優柔不断なので、そういうところを見習いたいなと思いますね。

 

Qそういえば、キム・ヒョンジュンさんのお母さま、すごくキレイなお方ですよね。
性格も美しいですね。だから僕のロールモデルでもあります。芸能人ではチョン・ウソンさんが好きですね。ルックスも内面もステキなので。

 

Qお母さまの話ばかり出ましたが、お父さまが寂しがりませんか?
父は優柔不断なところがあるんですよ。だからあまり見習いたくありません(笑)。母のほうがクールなんです。決断力もあって。

 

Qもし結婚するなら、お母さまのような方としたいですか?
そうですね。生活力があって賢明な女性と結婚したいです。そして、仕事も一生懸命頑張って、浮気をしない女性がいいですね。

 

Qキム・ヒョンジュンさんは俳優としても活躍されていますが、俳優キム・ヒョンジュンと、歌手キム・ヒョンジュン、それぞれ仕事に取り組むときの心構えなど違いはありますか?
違いはないです、同じですね。両方とも自分にとっては大切な機会であり、大切な瞬間だと思っているので、一度たりとも適当にやったり、疎かにしたりということはないです。ただ、歌手の仕事はこれまで長くやってきた分、余裕を持ってできるんですが、俳優の活動はやりたいことは山ほどあるのに、まだまだ未熟なので、歌手活動のとき以上に集中しているし、悩みながら、気を遣いながら仕事をしていると思います。

 

Q俳優として活動するとき、作品選びのポイントはありますか?
自分に合うものを選んでいるわけではないですね。その作品自体が楽しくて、主演、助演にかかわらず、自分がその作品に貢献できるキャラクターかどうかということが大事なので、全体を見て選ぶようにしています。

 

Q最近、インスタグラムを始められましたが、何かきっかけがあったんですか?
僕のスタイリストさんから勧められてやってみたら、中毒になっちゃいました(笑)。これからもたくさんのフォロワーの皆さんのために、写真をアップしていきたいと思います!

DSC_3334

Q名古屋で食べた手羽先、一蘭のラーメンの写真もアップされていましたね。
名古屋に行くと、毎回ひつまぶしとか、手羽先、牛丼、一蘭のラーメンとかを食べるんです。一番好きなのはひつまぶしで、本当においしいです!

 

Q来年やりたいことはありますか?
日本でまたコンサートができたらいいなと思っています。ドラマも2本、映画も1本以上やりたいし、個人的にはカーレースをやってみたいので、その資格を取れるように努力したいなと思っています。忙しくなりそうですが、恋愛もできたらいいですね。応援してください。

 

Q11月18日からは東京を皮切りに、全国を回る新曲リリースイベントが控えていますが、ファンの方にメッセージをお願いします。
1年ぶりにシングルがリリースされるんですが、全力で制作したので、期待していてください! 心の慰めが必要な方は、この音楽を聴くと元気になれると思います。

 

プライベートなことまで何でも気さくに答えてくれたので、終始笑いの絶えない和やかなインタビューとなった。インスタグラムの話では、隣で話を聞いていたマネジャーが、「キム・ヒョンジュンさんはスタッフに優しいんですよ」と明かしてくれ、名古屋で一蘭に行ったのは、一蘭好きのダンサーがいたからだとか。「スタッフに気を遣ってくれるんです」とキム・ヒョンジュンの人の良さに触れ、それを豪快に笑いながら聞いていたキム・ヒョンジュン。人懐っこく、飾らない等身大の姿で、スタッフにも愛されているからこそ、良いチームワークでいい仕事ができているのだなと感じた。

 

また、写真撮影でも、カメラを向けるとスイッチが入ったように、一瞬にして空気を作り、カメラのシャッター音に合わせて1回1回ポーズを取る姿には、“さすが”と感心させられた。
仕上がりに自信をのぞかせていた新曲「BETTER」、そしてインストアイベントなど日本での活動が楽しみだ。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■キム・ヒョンジュン オフィシャルサイト http://www.kimhyungjun.jp/index.asp

 

2014.10.21

blank