FTISLAND 、CNBLUEの所属事務所FNCエンターテインメント、SM、YGに続き上場へ。上場予備審査を通過

20141017-FNC
FTISLAND 、CNBLUEの所属事務所FNCエンターテイメントがSM、YGに続き、上場芸能事務所となる。

FNCエンターテイメントは16日、コスダック上場予備審査を通過し、直接上場の最も高い関門を越えた。今後は残りの手順を整理する状態で、事実上の上場秒読みに入ったわけだ。

 

2006年に設立されたFNCエンターテイメントは、FTISLANDとCNBLUEを相次いでデビューさせ、バンドの専門事務所として名前を知らせ、以後AOA、JUNIELと歌手の領域を広げる一方、イ·ドンゴン、イ·ダヘ、ユン·ジンソ、パク·グァンヒョン、ソン·ウニなどの俳優やコメディアンまで獲得、総合エンターテイメント会社へと成長した。また、ドラマ制作など事業の多角化も行われた。

 

特にFTISLANDとCNBLUEとの再契約も成立させ、将来のしっかりとした売上高を確保した。また、tvN「清潭洞111」とJTBC「ボスとの同衾」を介してハン·ソンホ代表をはじめ、所属アーティストたちと視聴者との間の距離を縮めることに成功した。

 

2014.10.17

blank