イ・ビョンホン脅迫事件、証人尋問が非公開で進行中

イ・ビョンホン脅迫事件、証人尋問が非公開で進行中

韓国俳優イ・ビョンホンが証人として法廷に立った。

16日午前、ソウル中央裁判所では、イ・ビョンホンを脅迫した容疑で拘束起訴されたモデルのイ・ジヨンとガールズグループ「GLAM」メンバーのダヒに対する初公判が進行された。

この日2人の弁護人らは、動画を流出させるとしてイ・ビョンホンへ50億ウォン(約5億円)を要求した事実は認めたものの、その過程と経緯については公訴事実と異なる、と主張。これに裁判所側は控訴人であり被害者のイ・ビョンホンを証人として採択し、検察と被告人側はイ・ビョンホンとイ・ジヨンらを引き合わせたC氏を証人として要請した。

なお、イ・ビョンホンに対する証人尋問は非公開で進行される。

イ・ジヨンの弁護人は、韓国メディアのインタビューに応じ「イ・ジヨンはイ・ビョンホンと(男女の関係で)付き合っていた」と主張。一方でイ・ビョンホン側が「女性側から金銭的な脅迫があったのは事実」とした上で「ややもすると、泥沼化してしまうことを避けるため、これまで口にしていない部分があった」と明かしていた。

WOW!korea提供

2014.10.16

blank