「B.A.P」ヒムチャン、女性への強制わいせつ容疑で起訴=来月12日、裁判へ

韓国アイドルグループ「B.A.P」のメンバー、ヒムチャン(29、本名:キム・ヒムチャン)が、強制わいせつ容疑で裁判にうつされる。

25日、検察などによるとソウル中央地検・女性児童犯罪調査部はことし4月、ヒムチャンを強制わいせつ容疑で在宅起訴した。

ヒムチャンは昨年7月24日深夜、京畿道・南楊州市にあるペンションで20代の女性に対して強制わいせつをしたとの容疑を受けている。

事件当時、ペンションにはヒムチャンと知人男性の3人、女性3人が滞在し、酒を飲んでいたと調査された。女性が通報し、現場に警察が出動した。

その後の調べて、女性は「無理やり乱暴された」と主張するも、ヒムチャンは「互いに好意があった」と容疑を否認。双方の主張が食い違っていたが、検察は参考人の陳述などを総合した結果、強制わいせつの容疑が認められるとして、ヒムチャンを在宅起訴した。

なお、ヒムチャンの裁判は来月12日に始まる。

WOW!korea提供

2019.06.25

blank