「コラム」理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

518年間も続いた朝鮮王朝には42人の王妃がいた。その中には、幸福を満喫した王妃もいれば、悲惨な目にあった王妃がいた。今回は、理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」を取り上げてみよう。

 

悲惨な3人
まずは「悲惨な五大王妃」の中の3人を取り上げる。

◆廃妃・尹氏(ユンシ)
〔1445~1482年〕
9代王・成宗(ソンジョン)の二番目の正室。成宗が寵愛する側室を呪い殺そうとしたうえに、成宗の顔を引っかくという騒動を起こしてしまう。その結果、朝鮮王朝で初めての廃妃となり実家に帰された。反省の日々を送っていたが、尹氏を嫌う仁粋(インス)大妃(成宗の実母)の陰謀によって悪評をばらま


かれ、最後は死罪となってしまった。

◆端敬(タンギョン)王后
〔1487~1557年〕
11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正室。燕山君(ヨンサングン)を追放するクーデターが成功して異母弟の中宗が王に上がるとき、不安にかられた夫を精神的に支えた。しかし、叔母が燕山君の正室で父が燕山君の側近であったことが問題となり、王妃になってわずか1週間で廃妃となってしまった。本人にまったく落ち度がないのに、廃妃になったのは理不尽であった。

◆仁穆(インモク)王后
〔1584~1632年〕
14代王・宣祖(ソンジョ)の二番目の正室で、1606年に永昌(ヨンチャン)大君を出産した。しかし、1608年に光海君(クァンヘグン)が王位に上がると、永昌大君は殺され、自身も幽閉されてしまった。まさに屈辱まみれだった。1623年、クーデターで光海君が追放されると、光海君の斬首を強硬に主張したが、その願いはかなえられなかった。
(ページ2に続く)

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

仁粋(インス)大妃の悲惨な最期!朝鮮王朝王妃側室物語6

光海君(クァンヘグン)の妻と息子夫婦は悲惨な最期を遂げた!

2019.05.14