クォン・サンウ アジア進出へ妻の所属事務所と契約

20140926001000882_1

韓国の俳優クォン・サンウが、妻で女優のソン・テヨンが所属する事務所のエイチエイトカンパニーとアジアマネージメントの契約を結んだ。

同事務所が26日、「クォン・サンウが海外市場でも俳優として活動の幅を積極的に広げられるよう、力を注ぐ」と発表した。

クォン・サンウは自身で事務所を設立しており、両事務所が提携してアジアでのマネージメントを行うことになる。

クォン・サンウは先ごろまで、女優チェ・ジウと共にドラマ「誘惑」(原題)に主演していた。

WOW!korea提供

2014.09.27

blank