「速報」超新星ソンモ、大人気韓国ミュージカル「太陽を抱く月」で主演! 来日記者会見に登壇!

DSC_9723

 

【動画】part1 超新星ソンモ主演「太陽を抱く月」来日記者会見! 


超新星のソンモが、11月7日(金)から9日(日)まで東京・六本木ブルーシアターで上演される韓国ミュージカル「太陽を抱く月」に出演することが決定。9月18日(木)、東京・GIZA K-PLACE by BAGUSにて記者会見が行われた。

同作は、キム・スヒョン、ハン・ガインが主演を務め、最高視聴率42.2%、平均視聴率32.9%を記録した韓国の時代劇ファンタジードラマ「太陽を抱く月」のミュージカル版。原作のベストセラー小説の要素をベースに、2013年夏に韓国でミュージカル化され、韓国演劇界の中で大きな話題となった。

DSC_9702

日本では同年12月、超新星のソンジェ主演で初上陸し、好評を博した本作が早くも再演決定となったが、今回は主人公のイ・フォン役にソンモを迎え、前作とは全く異なる作品として生まれ変わるという。

記者会見には、白シャツに黒のネクタイ、パンツというすっきりしたシルエットのソンモが登場。作品について、日本語と韓国語を交えながら、熱い思い入れを語った。

今回のミュージカルに出演が決まったときは「重厚感のあるカッコいい王の役をやりたいと思っていたので、キャスティングされて光栄に思いました」と話し、ワクワクしていると喜びを表現したソンモ。「台本が完璧なので、今回は台本に忠実に演じようと思っています」と意気込み、イ・フォンと自分の共通点については、「一人の女性にハマったら、その人以外は何も見えなくなる純粋さです」とはにかみながら答えた。

DSC_9786

逆にイ・フォンと違う点については「イ・フォンはこの世で自分が一番カッコいいと自分の口で表現するけれど、僕はそんなことは言いません。そういうことを言うのは、メンバーのジヒョク(笑)」と暴露し、取材陣を爆笑させた。

また、前作でイ・フォンを演じたソンジェについて、「(兵役中なので)アドバイスを聞きたくても聞けないんですが」と前置きし、入隊秘話なども語ったが「どちらにせよ、前回とは、歌、パフォーマンス、セリフ、全てが変わり、同じところが一つもありません。キャスト、スタッフ全員で一から作り上げていき、一段とパワーアップした作品をお見せすることができると思います」と自信をのぞかせた。

DSC_9830

詳しいレポートは後日掲載します。

2014年9月18日 pm4:30配信 (C)Korepoニュース

 

【公演概要】

公演タイトル 韓国ミュージカル「太陽を抱く月」

公演日時 2014年11月7日(金)~9(日) 全6回

会場 六本木ブルーシアター(東京都港区 六本木5丁目11-12 )

<会場HP:  http://www.blue-theater.jp

出演者 ソンモ(超新星)ほか

主催・企画・制作 EUNHASU  ENTERTAINMENT

 

【チケット料金】

全席指定13,000円(税込)

※未就学児童の入場不可。韓国語上演、日本語字幕あり

【一般発売日】2014年10月4日(土)10:00より、チケットぴあ・ローソンチケット・イープラス・東京音協にて発売開始!

【公演に関するお問い合わせ】

東京音協 TEL:03-5774-3030(平日11:00~17:00)

2014.09.18

blank