「コラム」 日本と違う韓国のビックリ33

2人が双璧
なにしろ、韓国は詩集が常にベストセラーになる国であり、小説にも人間の生き方を問うテーマが求められてきた。
それだけエンタメ系の小説が少ないのだ。
そういう事情があって、ミステリーを含めたエンタメ系の作家がなかなか出にくいのが韓国文学界の現状であった。


結果的に、純文学からミステリーまで非常に広いジャンルで活躍している日本の作家の小説というのは、韓国にしてみると、足りないジャンルを補ってくれるのだ。
しかも、韓国では以前から日本の歴史小説を読む年配の人が多かった。つまり、日本の小説を読む下地があったということだ。
今後も、東野圭吾と村上春樹を双璧として日本人作家の小説が韓国で人気を獲得していくことだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ32

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

2019.03.02

blank