「取材レポ」グァンス(SUPERNOVA)、イ・セヨン(CROSS GENE)ら出演舞台「DEVIL MAY CRY」公開ゲネプロ&舞台あいさつ!「素晴らしい皆さんと作り上げた作品」

ダンテ役の馬場良馬は「ゲームでも主人公であるダンテは人間と悪魔のハーフで、悪魔狩りをしながら、生計を立てています」と役を紹介し、「ギデオンという悪魔が悪さをしますので、みんなで力を合わせて成敗してやろうと(笑)。見どころは原作であるゲーム『Devil May Cry』のステキな世界観をお芝居であり、ストーリーであり、音楽であり、照明であり、映像であり、いろいろなものを駆使して表現し、少しでもゲームをやっている感覚をスタイリッシュに、敵を倒していく感覚というものを皆さんに一緒に体験してもらいたいなと思っています。みんなで精一杯頑張りますので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしいなと思います」と意気込んだ。


そんなダンテと対峙するギデオン役を演じるのはグァンス。「ギデオンはロックスターで、自分の歌声で世の中の人間たちを悪魔化させていきます。そんな悪魔化した人間たちと共に、ダンテたちと戦いながら、悪魔の世界の天下を取りたがっている役です」と自分の役を紹介したグァンスは「ご覧の通り、いろんなジャンルの皆さんが集まって、素晴らしいカンパニーのスタッフさんと共に作り上げた作品になっています」と自信を示した後、多く集まった報道陣に対して、「きょうはたくさん集まっていただき、本当にありがとうございます」と感謝の言葉も忘れなかった。

(3ページに続く)

2019.03.01

blank