「コラム」思悼世子(サドセジャ)と恵慶宮(ヘギョングン)は険悪な夫婦だった!

 

夫より息子と実家を守った

「恨中録」の中で恵慶宮は自分の実家の正当性を繰り返し強調する一方で、夫の思悼世子の素行の悪さを強調している。
そこには、夫をかばおうとする妻の姿はない。むしろ、夫が1762年に英祖によって米びつに閉じ込められて餓死したのも、「素行の悪さをとがめられた結果」と断じている。そうした姿勢から見えてくるのは夫婦仲の悪さだ。
思悼世子は生存中には多くの側室を抱える一方で、恵慶宮には冷たかったという。こうした夫婦関係は周知の事実だった。

結婚当初は思悼世子の聡明さを絶賛していた恵慶宮。しかし、結婚生活が長く続く中で、彼女は思悼世子に厳しい目を向けるようになった。
思悼世子が英祖によって米びつに閉じ込められたときも、恵慶宮が具体的に夫の助命に動いた形跡がない。世子の妻としての限界があったのかもしれないが、やはり恵慶宮が思悼世子を心から信頼していなかったことは明らかだ。
恵慶宮は、夫より息子と実家を守ることに熱心だった。その甲斐があって、息子のイ・サンは22代王・正祖として即位できた。それによって、恵慶宮は大妃(王の母)という栄誉を得たのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ヨブル
http://yoble.jp/

 

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の死後に後悔した!

英祖(ヨンジョ)は一体どんな国王だったのか

2019.02.20

blank