「コラム」衝撃のヨン様フィーバー/平成の韓流名場面集1

2019.02.14

2004年11月25日に成田空港に現れたペ・ヨンジュン

 

日本で本格的な韓流ブームが起きてから15年になる。この間、日本で韓流はどんな名場面をつくりだしてきたのだろうか。それを振り返る連載の第1回目は、やはりこの人をはずしては成り立たない。

2004年4月の初来日時にペ・ヨンジュンはファンの前に立った

 

韓流ブームの担い手

『冬のソナタ』が韓国で放送されたのは2002年1月14日から3月19日まで。それから1年4カ月遅れて、NHKのBSで『冬のソナタ』が始まった。
そのインパクトは強烈だった。韓国にまるで興味がなかった人にとって、韓国ドラマは未知の世界。それがかえって視聴者に新鮮な驚きをもたらした。その驚きの先に待っていたのは、1人の魅惑的な俳優が日本の多くの女性のハートを射抜いたという事実だった。ペ・ヨンジュンは韓流ブームの担い手となり、“ヨン様”という敬称で呼ばれるほどの存在になった。

あまりの人気に、NHKは『冬のソナタ』を地上波で放送することを決定し、2004年4月から総合テレビで放送された。それに合わせてペ・ヨンジュンが4月3日に初来日した。5000人を越す人たちが羽田空港に押しかけた。その映像はテレビニュースを通して全国に伝わった。

彼の来日イベントは渋谷公会堂(当時)で行なわれた。
会場は大変な熱気に包まれた。
本人も心底驚いただろうが、謙虚でファンを大事にする姿勢は日本でさらなる信頼と愛情を受けた。
「いつも誠実に生き、最善を尽くしたい」
慎み深くそう語るペ・ヨンジュンは、今までの俳優の概念を越えるスターだった。彼の最高の魅力は、まさにその真摯な生き方であり、心の豊かさからほとばしる人間性であった。
(ページ2に続く)

ペ・ヨンジュン 過去への旅路 [第1回]

長女誕生で2児の父となったペ・ヨンジュンの家族愛は?

後輩俳優にリスペクトされるペ・ヨンジュン

ペ・ヨンジュンが示す「子供への無限の愛」

ペ・ヨンジュン 熟睡する俳優魂