「取材レポ」NCT DREAM 、(G)I-DLE、MXM、KANTO“平成最後の冬を熱い感動で飾る!「第70回さっぽろ雪まつり 11th Anniversary K-POP FESTIVAL2019」大盛況

2019.02.11

トリを飾るのはティーンエイジャーのトップアイコン、NCT DREAM。
VCRが流れると会場は大歓声が響き渡り、ブラックの衣装で5人が登場すると、会場のボルテージもMAXに。
デビュー曲「Chewing Gum」から息の合った大きな掛け声で、会場一体に。
ポップな曲と、キレのあるダンスで会場を魅了すると、2曲目の「Go」では、メンバーのパワフルなパフォーマンスに、さらにヒートアップ。

「こんにちは、NCT DREAMです!」と全員であいさつすると「みなさん、ずっと会いたかったです」とジェノ。
初めての札幌にメンバーみんながとても喜んでいると話すと大きな拍手が送られた。
ロンジュンが「札幌に降り立った瞬間とても白い景色が広がって、とても美しくてビックリしました。とてもときめいています」と話すと「前から札幌の雪が見たかったので今回見れて本当にうれしいです」とジェノ。すかさず、「皆さんにも会いたかったです」というジュミンの言葉に会場は大歓声。

「みなさんと一緒に日本語で話すために日本語を勉強してきました」とジェノの一声でメンバーが覚えた日本語を披露することに。
「札幌の雪は本当にきれいです。みなさんも本当にきれいです(ロンジュン)」「みなさん、もっとたくさん、会いましょう!約束です!(ジェノ)」「みなさん、僕は札幌は今回初めてです。札幌の雪は本当にきれいです。でも、みなさんの方が本当にかわいくて、きれいです(ジェミン)」「みなさんに会って毎日毎日しあわせです(チソン)」「みなさん、最後まで楽しんでください(チョンロ)」とそれぞれが日本語で話すとファンは大喜びで拍手と声援を送った。

「My First and Last」「We Young」と弾ける笑顔と爽やかな魅力でパフォーマンス。
10代らしいエネルギッシュなステージで最高潮へとけん引すると、エンディングへ。
ラスト曲「We go Up 」を会場一体となって披露。

雪をも溶かす熱いパフォーマンスに会場は大盛り上がり。

「みなさん、見に来てくれて本当にありがとうございます。みなさん、大好きです(チョンロ)」「札幌に来て、みなさんが僕たちを歓迎してくださってとてもありがたいと思っています。みなさんのおかげで札幌がとても美しい都市だという思い出に残りました。ありがとうございます(チソン)」「みなさん、札幌は寒いから風邪に気を付けてください。次に来るときは日本語をもっと勉強して、上達してきますね。美しいファンのみなさんにお会いできるように頑張ります(ジェミン)」「みなさん、最後まで応援してくださって、本当にありがとうございます。僕たちもっともっと、頑張ってこれからもっと日本に来れるように頑張りたいと思います。待っていてくださいね。約束です!(ジェノ)」「みなさんがとても熱くて外の雪がみんな溶けちゃいそうです(ロンジュン)」とあいさつし、日本各地から集まったファンに感動と幸せを届けた。

(6ページに続く)