「コラム」笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

2019.02.10

『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは、政治的に対立した場面で厳しい表情にならざるをえなかった。そのときのパク・ボゴムの演技にも大いに惹かれた。

万人を魅了する輝き

韓国には「黙内雷(ムンネレ)」という言葉がある。
この「黙内雷」とは何か。
わかりやすく言えば、「表面上はとても静かで黙して語らずという表情なのだが、心の中では雷が鳴り響いているように激しい感情が渦巻いている」という意味だ。

パク・ボゴムの「笑わない表情」をずっと見ていて、この「黙内雷」という言葉を思い出した。
もちろん、パク・ボゴムは笑顔が魅力の俳優である。カメラを向けられたときや、ファンの視線を浴びたときには、自然と笑顔がこぼれる。そして、その表情は万人を魅了する輝きに満ちている。
だからこそ、彼はこれほどのスターになったのだ。
(ページ2に続く)