新人俳優チョン・ユアン、セクハラの疑いで警察調査を受けていた…ドラマ降板を検討中

2019.01.10


新人俳優チョン・ユアン(19)がセクハラの疑いで警察の調査を受けていたことが分かった。そんな中、tvN新ドラマ「サイコメトリー」側が降板するかどうかに関連して立場を明らかにした。

tvN関係者は10日、「現在『サイコメトリー』降板するかどうかについて内部確認中」と述べた。

チョン・ユアンは今年上半期の放送を控えた「サイコメトリー」で、主演俳優キム・グォンの幼少時代を演じる予定だったが、セクハラの疑いで警察の取り調べを受けることになり、降板するかどうかに関心が集まった。

一方、チョン・ユアンは1999年生まれでSBS「超人家族2017」やMBC「ここに来て抱きしめて」、映画「神と共に−因と縁」、「猖獗」、「密偵」、YouTubeオリジナルドラマ「トップマネージメント」などに出演し、顔を知られた新人俳優だ。

WOW!korea提供

 

  • 【全文】「N.Flying」クォン・グァンジン、任意脱退へ…FNCエンタ側「ファンと交際・セクハラ疑惑」は否定
  • 韓国のJKチアリーダー、ネットユーザーからの”セクハラ被害”訴え
  • “大阪でセクハラ告白”のカン・ウンビ、個人放送開始の理由に「忘れられてしまうのではとコワくて」と涙
  • 女優カン・ウンビ、大阪旅行中のセクハラ被害を告白「男性に腰を触られて…」