ク・ハラ(KARA)、退院の報告…"肺炎にかかって入院した。ファンに会いたい"

2019.01.05

KARA出身ク・ハラが、新年を迎えてファンと直接コミュニケーションした。

ク・ハラは、5日、SNSのライブ放送でファンと新年のあいさつを交わした。

公開された映像のク・ハラは、ラフな服装と化粧っ気のない素顔で自然な魅力をアピールした。ちょっと痩せたように見えるク・ハラは、「病院からで退院しました。肺炎にかかりました」と「コンディションがあまり良くありません。のどが痛かったです。昨日は声が全く出ませんでした」と肺炎のためにとてもつらかったと告白した。

自身を待っていたファンに、「みなさん、お元気でしたか?会いたいです」とあいさつしたク・ハラは、「みなさんのおかげで元気がでます。きれいだと言ってくださって感謝します」と「私は、とうとう30歳になりました。時間がとても早く過ぎますね」と新年を迎えた心境を伝えた。

一方、ク・ハラは最近、日本でファンミーティングを開催して日本ファンに会った。

  • ク・ハラ(KARA)、日本ファンミで手紙朗読し涙… 「全て終わったと思う瞬間もあった」
  • ク・ハラ(KARA)、12月開催の日本ファンミのポスター公開
  • ク・ハラ(KARA)、日本ソロファンミ開催決定!12月24日・神奈川県民ホール
  • ク・ハラ(KARA)、日ファンミ開催決定を直筆の手紙で伝える…”激励と応援が大きな勇気になった”