「コラム」光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

2018.12.07

写真=植村誠

 

14代王の宣祖(ソンジョ)には14人も息子がいたが、当初は側室が産んだ王子たちばかりだった。その中で、長男が臨海君(イメグン)で、二男が光海君(クァンヘグン)である。2人とも宣祖の側室だった恭嬪(コンビン)・金氏(キムシ)から生まれた息子であった。

 

順番なら臨海君
臨海君と光海君は嫡子ではなかったので、本来なら王位継承者から除外されるところだが、宣祖の正室から王子が生まれなかったので、結局2人は王位を継げる立場になっていった。
朝鮮王朝は、原則的に長男が王家を継ぐことになっている。順番で言うと臨海君が世子(セジャ)の筆頭候補だった。
しかし、高官たちの間で、さまざまな駆け引きがあった。
特に、臨海君は性格が粗暴だということで、評価が高くなかった。
さらに、臨海君は王位継承の資格を失う決定的なことが起こしてしまう。その背景を見てみよう。

1592年に朝鮮出兵が始まると、宣祖の息子たちも国の危機を救うために、自ら積極的に戦地に行く覚悟を持っていた。
臨海君と光海君も朝鮮半島の地方に出かけて、義兵を募ってゲリラ戦を展開する任務を帯びた。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位