「防弾少年団」、11月個人ブランド評判で全員トップ10内に…1位JIMIN、2位V

2018.11.17

「防弾少年団」、11月個人ブランド評判で全員トップ10内に…1位JIMIN、2位V

韓国ボーイズグループ個人ブランド2018年11月のビッグデータ分析結果、1位は「防弾少年団」のJIMIN、2位は「防弾少年団」のV、3位は「Wanna One」のカン・ダニエルという結果だった。

韓国企業評判研究所によると2018年11月のボーイズグループ個人ブランド評判の上位30人は、1位の「防弾少年団」JIMINに続き、「防弾少年団」V、「Wanna One」カン・ダニエル、「防弾少年団」JUNG KOOK、「防弾少年団」RM、「防弾少年団」JIN、「BIGBANG」V.I、「防弾少年団」SUGA、「防弾少年団」J-HOPE、「Wanna One」キム・ジェファン、キム・ドンハン(元JBJ)、「Wanna One」オン・ソンウ、「EXO」D.O.、「Wanna One」ハ・ソンウン、「Wanna One」パク・ジフン、「EXO」BAEK HYUN、「Wanna One」ファン・ミンヒョン、「ASTRO」チャ・ウヌ、「EXO」CHANYEOL、「Wanna One」イ・デフィ、「IMFACT」イサン、「Sechs Kies」カン・ソンフン、「Wanna One」パク・ウジン、「EXO」SEHUN、「WINNER」MINO、「Wanna One」ぺ・ジンヨン、「Wanna One」ライ・グァンリン、「JBJ95」ケンタ、「EXO」KAI、「EXO」SUHOの順だった。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「2018年11月のボーイズグループ個人ブランド評判分析結果、『防弾少年団』JIMINブランドが1位になった。リンク分析では“かわいい、笑う、かっこいい”が高く、キーワード分析では“Tシャツ、日本、公演”が高かった。 肯否定比率分析では肯定比率70.06%だった」と分析した。

韓国企業評判研究所は、国内ブランドのビッグデータ評判分析を通じてブランド評判指数を測定して発表している。11月のボーイズグループ個人ブランド評判分析は、2018年10月15日から11月16日までのブランドビックデータを分析したものである。

 

WOW!korea提供

 

  • 「防弾少年団」の所属事務所、韓国の原爆被害者に謝罪
  • 「防弾少年団」のドキュメンタリー映画、公開初日に歴代アイドルドキュメンタリー映画興行最高記録を樹立!
  • 防弾少年団、北米&ヨーロッパに続いて日本ドームツアー開始…“東京ドームで10万人のファンが迎える”
  • タイガーJK、防弾少年団 RMとのコラボのきっかけを語る「最高の音楽が誕生した」