原爆Tシャツで物議の「防弾少年団」に高須院長、失望とコメント 「真摯に謝罪するならファンになった」

2018.11.09

原爆Tシャツで物議の「防弾少年団」に高須院長、失望とコメント 「真摯に謝罪するならファンになった」

韓国アイドルグループ「防弾少年団」が、原爆Tシャツを着用していたとして日本で物議を醸していた中、きょう(9日)夜放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」出演が急きょキャンセルとなった。

この騒動に、以前からSNSを通して「防弾少年団」の話題に反応していた高須クリニックの高須克弥院長は「真摯に謝罪するならファンになった」とコメントした。

高須院長は8日夜、自身のTwitterに「僕は親日のアーティストには応援を惜しみません。彼らが真摯に原爆被害者に謝罪するならファンになったのに残念です。(原文まま)」と記載。「防弾少年団」側が誠意ある対応をみせていない点について、失望したとの反応をみせている。

一方、「防弾少年団」のメンバーが原爆投下のようす、そして万歳する人々の写真がプリントされたTシャツを着用。この写真が日本で問題視され、多方面に波紋を広げていた。

 

WOW!korea提供

  • 防弾少年団、明日放送の「ミュージックステーション」出演見送り…所属事務所「残念だが、よりいい音楽とステージでお会いできるよう努める」
  • 防弾少年団、日本シングル発売初日にオリコンチャートで1位獲得!…自己最多販売記録を樹立
  • 「防弾少年団」RMのMVで注目浴びたモデルのチョン・ウヨン、交通事故で死去…享年26
  • 防弾少年団、「2018 Melon Music Awards」に出演!「全世界の感動させるステージを披露」