「取材レポ」WAZZ UPサマーパーティー開催!次回は ハロウィンパーティー決定!

DSC_5173w-inds、山下智久、Flower、Happinessなど多数の著名アーティストへの楽曲提供を手掛ける奇才のトラックメーカーであるJUNEを中心に構成するヴォーカルラップグループのWAZZ UP。韓国人のJUNEと日本人のkyo-heyが作り上げる音で多くのファンを魅了している。2013年3月アルバム「WHAT’S UP?!」でデビュー。収録楽曲がUKの老舗ダンスレーベルから全世界配信をされるなど世界的な注目を集め、国内発行の洋楽専門誌「INROCK」にて2013年7月より連載をスタート。ファン待望の2ndアルバムとなる「YEAH」が8月6日に発売され、このアルバムをひっさげてのサマーパーティーを8月24日(日)東京・南青山Future SEVENにて開催した。

DSC_5182 DSC_5184

1部と2部の2回公演を行うこの日のライブ会場には、浴衣姿の女性ファン、小さな子供連れのファン、そして男性ファンの姿も見え、幅広い層に愛される事が伺えるWAZZ UP。

DSC_5171

暗転すると、全身白の衣装で現れた二人に開場は大興奮。1曲目「TOKYO MIDNIGHT」でいきなり熱いステージを見せつけると、90年代「Crazy For You」の大ヒットで知られるLet LooseのRichie Wermerlingから楽曲提供を受けた「The Thing About You」やJames Bourneとのコラボレーション曲である「KIMI・GA・SUKI」を立て続けに披露。「今日は思い出を作りましょう!!」とJUNEが声を上げるとファンも大声援でそれに応える。

DSC_5331DSC_5332

「You You You」や「My Lady」などアルバム曲を休むことなく次々と披露し、8曲連続で歌い終えると、「みなさん改めましてWAZZ UPです!来てくれてありがとうございます」とあいさつ。JUNEが「衣装はどうですか?」と会場に問いかけるとファンからは「かわいい!!」と声が上がった。 kyo-heyは「熱気がすごい!!」と顔に汗を光らせながらイベントを楽しんでいる様子を見せた。

DSC_5280 DSC_5395

 

「サマーパーティーを僕たちも楽しみにしていたので、みなさんの笑顔が見ることができて本当に幸せです。ありがとうございます」とファンとの再会を喜び感謝の気持ちを伝えた。

DSC_5168 DSC_5169

JUNEは「人は出会いと別れの中で生きていき、出会いと別れというのは意味を持っていて、それを運命だと信じているのでその気持ちをこの曲に込めました。みなさんと出会ったのも運命だと思うし、これからもこの運命を大切に守っていきたいと思うのでこれからも僕たちの事を応援よろしくお願いします」と語ると、kyo-heyも「よろしくお願いします」と一礼。作詞作曲、アレンジからプロデュースまでJUNEが手掛けた「Stay Here」をファンへの感謝の気持ちを込めて歌い上げた。今回のアルバムは歌詞がしっかりと伝わるように作られていると本人たちが言う通り、歌詞がしっかりと心に染みていく。会場に居るファンへとWAZZ UPの気持ちが届いた所で、本編が終了。

DSC_5322DSC_5363DSC_5358DSC_5369

 

アンコールでは、今作品のリード曲となる「YEAH」と3rdシングルとしてリリースされた「Sexy Beach party Yes!!」とWAZZ UPの得意とするダンスナンバーが2曲披露され、大盛況の中ライブは終了した。

DSC_5486

DSC_5471

ライブ終了後にはステージ中央に椅子が用意され、WAZZ UPの二人が再登場し、トークコーナーがスタート。「今までラジオなどでも話したことのないことを明かしていこうと思う」とJUNEが話すと、kyo-heyから「JUNEと今年の夏こそは海に行くとか何かしら思い出を作ろうと話していたけど…JUNEに謝らないといけない事がある。すみません。海に行って来ちゃいました。ずっと言えなかったけどこの場を借りて謝罪しようと思います」といきなりの暴露を。

DSC_5500驚いたJUNEは「もうなんでもいいよ」と少し不満げな様子を見せた。そんな様子にkyo-heyが「下見をしてきたので…だから、行こう!」とJUNEを海に誘うがいつの間にかkyo-heyの出身地の滋賀にある琵琶湖の話になり、「夏が終わる前にうちの地元へ行こう」とJUNEを説得。JUNEも「今年終わるまでには行きたいね」と滋賀に行く約束をした。JUNEは「高所恐怖症だけどバンジージャンプをやってみたい。行くとしたらkyo-heyと行きたい」と語り笑いを誘った。

DSC_5506 DSC_5472

アルバムについて「前回は、勢いがあって、ほぼ全曲盛り上がるようなアップチューンでしたが、今回のアルバムはミドルチューンからバラードまで、先ほどのライブでも披露しましたが、歌詞が全部聞こえて、僕たちが今何を伝えたいのか、何を届けたいのかというものを作ってみました。僕がアルバムの候補曲15曲をあげたのですが、全部没になってしまって、急いで全部作り直すことになったんですよ」とJUNEが明かすとファンは、15曲も?!と驚きを隠せない様子を見せた。 kyo-heyも「僕は(アルバムに)入れてもいいなと思う曲が何曲かありました。今回のアルバムのテーマが歌詞を聞かせたい。ミドルチューンを多くしたいというのがあったのでJUNEが一か月半くらいでトラックを作ってくれてそこから歌詞を集中して作りました」と制作裏話を明かした。

DSC_5511 DSC_5467 DSC_5504 DSC_5519

制作で思い出に残っている曲について、 kyo-heyは「記憶に残っているのは『TIME』と『You You You』は同じ場所で同じ姿勢で同じ時間帯くらいに同じノートに書きましたね」と語り、ノートはたくさんの書き直しの跡があるとのこと。JUNEは「制作過程で思い出に残ったのは『君がいない部屋』です。この曲はシンプルに聞こえるのですが意外と時間がかかったんですよ。基本的にトラックを作るときは1日とか長くて2日くらいで終わるのですが、この曲は5日くらいかかったんです。音選びに時間がかかりました。『My Lady』という曲もそうだったんですが完全に僕の妄想からできた曲なんです。大切な人と別れたらこういう気持ちになるんじゃないかなと思いました。弱くても強い。強くても弱いという気持ちを表していますが、最後には強い気持ちでまた次の恋に進みたいという気持ちを込めました。たくさんの方に共感していただけるといいなと思いました。前作はどうしたら共感してもらえる曲が作れるかとすごく悩みましたが、今回は自分が好きな物を作ってみなさんに共感してもらうことができればそれが一番幸せな事だなと思い、今回のアルバムは僕たちが好きなように作ってみました」と曲へ込められた気持ちを熱く語った。

DSC_5465

 

DSC_5514

アルバムの秘話を語った後には、ファンからのリクエストで、「The Thing About You」をアカペラで披露し、二人の歌声で会場を魅了させた。最後にはハロウィンパーティーが決定したことを報告し、ファンとの次のイベントの約束をし、ライブとトークのおよそ1時間半のサマーパーティーを終えた。

 

 

 

■WAZZ UPオフィシャルサイト http://official.stardust.co.jp/wazzup/

 

■10月26日(日)「WAZZ UP ハロウィンパーティー2014」開催決定!

サマーパーティーに続くWAZZ UPのパーティーテーマは「ハロウィン」!ドレスコードは仮装ではありませんが是非思い思いの服装で「WAZZ UP ハロウィンパーティー2014」にご参加ください!!

▼タイトル

「WAZZ UP ハロウィンパーティー2014」

▼日にち

2014年10月26日(日)

▼会場

Future SEVEN

(東京都港区南青山6-10-12フェイス南青山1F)

http://future7.jp/

▼時間

1部

open 11:30 / start 12:00

2部

open 15:30 / start 16:00

※ドレスコードはありません。

※セットリストは各回異なります。

※当イベントへのゲストの出演はありません。

▼イベント内容

ライブ・CD即売&特典会

▼料金

全自由2,500円(税込)

※入場は整理番号順入場となります

※各回チケットが必要となります

▼最速先行販売

8/24(日)「WAZZ UP サマーパーティー2014」会場

スペシャルグッズ付

▼Aja Aja Friday 番組ブログ先行受付

2014年8月29日(金)

22:30頃スタート予定

http://blog.fmyokohama.jp/wazzup/

▼オフィシャルサイト受付

2014年9月1日(月)

正午スタート

※先着受付

※規定枚数に達し次第、受付終了

▼特典会内容

詳細決定し次第、お知らせします!

▼お問い合わせ

スターダストインフォメーション03-5458-7475 (平日15時〜18時)

 

2014.08.25

blank