<大鐘賞>坂本龍一の受賞場面で“驚愕ハプニング”…無関係のトロット歌手が登壇し自己紹介

<大鐘賞>坂本龍一の受賞場面で“驚愕ハプニング”…無関係のトロット歌手が登壇し自己紹介

「第55回大鐘賞映画祭」音楽賞に映画「南漢山城」の音楽を担当した坂本龍一(66)が選定された中、代理受賞においてハプニングが生じ物議を醸している。

音楽賞の受賞者に「坂本龍一」の名が呼ばれると、なぜかトロット歌手ハン・サラン(57)が登壇し、来場者や視聴者を驚かせた。

受賞の際、出席できなかった坂本龍一の代わりに受賞することになっていた人物がステージに向かって歩いていた。「南漢山城」のスタッフと見られる女性はステージに歩み寄る途中に別の女性(ハン・サラン)が先に登壇したことで、驚きを隠せないまま席に戻った。

(2ページに続く)

2018.10.23

blank