防弾少年団ジミン、ボーイズグループ個人ブランド評判1位..2位はカン・ダニエル

ボーイズグループ個人ブランド2018年9月のビッグデータ分析結果、1位は防弾少年団のジミン、2位はWanna Oneのカン・ダニエル、3位は防弾少年団のジョングクの順で分析された。

韓国企業評判研究所によると2018年9月のボーイズグループ個人ブランド評判30位までの順位は、防弾少年団ジミン、Wanna Oneカン・ダニエル、防弾少年団ジョングク、防弾少年団RM、防弾少年団V、ASTROチャ・ウヌ、神話(SHINHWA)エリック、防弾少年団JIN、防弾少年団SUGA、Wanna Oneオン・ソンウ、Wanna Oneパク・ジフン、防弾少年団J-HOPE、Wanna Oneハ・ソンウン、Wanna Oneファン・ミンヒョン、Wanna Oneキム・ジェファン、Wanna Oneパク・ウジン、Wanna Oneイ・デフィ、EXOシウミン、HIGHLIGHTユン・ドゥジュン、MXMキム・ドンヒョン、BIGBANG V.I、Wanna Oneぺ・ジニョン、Wanna Oneユン・ジソン、Wanna Oneライ・グァンリン、BTOBウングァン、IMFACTイサン、INFINITEウヒョン、EXOセフン、東方神起ユンホ、EXOベクヒョンの順で分析された。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「2018年9月のボーイズグループ個人ブランド評判分析結果、防弾少年団ジミンがブランド1位になった。 ボーイズグループ個人ブランドカテゴリー分析をしてみると、8月のボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ180,047,530個と比較すると2.40%増加した。 細部分析を見るとブランド消費32.10%下落、ブランドイシュー11.29%上昇、ブランドコミュニケーション18.28%上昇、ブランド拡散13.20%上昇した」と、明らかにした。

引き続き「ボーイズグループ個人ブランド評判1位になった防弾少年団ジミンブランドは、リンク分析で“セクシー、愛する、祝う”が高く出てきたし、キーワード分析では“ビルボード、YouTube、イ・ムンセ”が高く分析された。 肯否定比率分析では肯定比率81.93%で分析された」と、ブランド分析した。

ブランド評判指数は消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすということを探し出し、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。ボーイズグループ個人ブランド評判分析を通じてグループ個人ブランドに対する肯否定評価、メディア関心も、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。

 

  • 防弾少年団、LINEフレンズ LA ポップアップストア訪問
  • 防弾少年団、「ミュージックバンク」で3週連続1位…音楽放送で7冠達成
  • 防弾少年団、美しい地中海を旅する“マルタ旅行記”を公開!…ドライブから観光まで楽しむ姿に注目
  • 「防弾少年団」、「American Music Awards」に初ノミネート=韓国グループ初!
  • 2018.09.15

    blank