「イベントレポ」学園マジックコメディ 舞台【MAGICxMAGIC】 大盛況のうちに全公演が終了

2018.09.11

9/5(水)〜9/8(土)にかけて浅草六区 ゆめまち劇場にて上演された舞台【MAGICxMAGIC】が、超満員の観客が見守る中、千秋楽を終えた。
最終公演となった夜公演終演後、カーテンコールでは稲妻馬(テヅマ)役のインジュン、凛(リン)役のスウン(Boys Republic)、明(アキラ)役のミンスと、前日までの公演でアキラを演じたJ.JUN(MAP6)、MINHYUK(MAP6)の2人もグループのスケジュールの後会場に駆けつけて登壇した。

この作品は学園を舞台とした、インジュン演じるテクニックの天才マジシャン、テヅマと、スウン演じるパフォーマンスの天才マジシャン、リンを取り巻く人々の友情、家族との葛藤や愛情も含んだ、笑いと感動のストーリー。
全ての舞台を終えたアフタートークでは、インジュンをはじめとする全キャストが登壇し、思い思いに感想を述べた。

ミンス「僕はこの最終日だけの出演でしたが、今日のために毎日会場に来て勉強していました。キャストの皆さんともたくさん話をしましたが、みんなが一つになれたからこそこの舞台を無事に終える事ができたと思います。本当にありがとうございました。」

スウン「今本当に寂しいです。舞台は韓国でも日本でも初めてだったので、日本語での舞台は心配もたくさんありました。でも日本に来てキャストの皆さんと出会って優しい方ばかりでしたし、練習も大変でしたが、僕が自身を持てるようにインジュンさんも『スウンなら大丈夫、できるよ』とたくさん言ってくれて、心からありがとうございますとお礼を伝えたいです。」

MINHYUK「今日は出演は無かったのですが、公演を見ていてミンスさんの演技もとても上手だし面白くて楽しく見る事ができました。僕は昨日が千秋楽でしたが、今回出演できて本当によかったと思っていますし、次に機会があったらまた今回のキャストの皆さんと一緒に出たいですね。」

J.JUN「元々は今日の千秋楽の舞台にも出たいと思っていました(笑)やっぱりこういう舞台って最初と最後が一番楽しいじゃないですか。これまで3公演ぐらい見てどれも面白かったのですが、やっぱり今日が一番盛り上がっていたと思います。」

インジュン「僕は日本でこれまで舞台やミュージカルや歌手としての活動は多かったのですが、この舞台を作るために全力で2ヶ月以上走ってきました。その中でやりがいというものが何かを今回の舞台を準備しながら心から感じる事ができました。そして、応援してくれている方々の期待に応えるためには、何事も1つ1つ丁寧にやっていかなければいけないという事にも改めて気付きました。毎回こうやって作品に出演する度に、皆さんにとって誇らしいインジュンになる為に、そしてさらに成長していく姿をお見せしていきたいと思っているので、これからも僕を信じて付いてきてください。そしたら皆さんを毎日幸せにしてあげる自信があります。これからも応援よろしくお願いします!」

(2ページに続く)