「コラム」韓国の人がラーメンを鍋に入れたまま食べる理由は?

2018.09.11

韓国のラーメンを代表する銘柄は「辛ラーメン」

 

韓国ドラマを見ていると、ラーメンを鍋の中に入れたまま食べる人や、ラーメンを鍋のフタにのせて食べる人が多く出てきます。果たして、面倒だからそうしているのでしょうか。そこには韓国らしい事情があるようです。

 

アツアツの食べ物が好き
韓国人は世界で最もラーメンを消費するといわれるほどラーメン好きです。けれど、そのラーメンはインスタントの乾麺ばかりです。韓国では生ラーメンを食べる習慣が根づいていません。
若者の街に最近は日本式のミソラーメンの店もできたりしていますが、料金が高すぎることもあってそれほど混んでいないようです。

むしろ、コンビニでは買ったラーメンをすぐに食べられるコーナーをよく設置しています。そうした利便性もあってインスタントラーメンの消費がすごいのです。
なお、ドラマを見ていると、ラーメンを煮たあとではほとんど鍋のまま食べています。どんぶりに移すシーンはあまりないようです。
これには、いくつか理由があります。

まず、韓国の人はアツアツのものを食べるのが好きなのです。鍋物もよく食べます。寒い気候が関係していると思われます。そこで、ラーメンを煮たあとは、できるだけアツアツのまま食べたいので、わざわざ冷めたどんぶりに移さずに、そのまま鍋のままで食べているのです。
(ページ2に続く)

日本の中年男性が旅先のソウルで実感したことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国女性の生き方〔第1回〕