「コラム」韓国ドラマの本質は「感情に訴えるストーリー性!」

 

韓国ドラマの見方
韓国の人たちは、幼い頃から「恨」の感情を抱えている。
祖父や祖母から昔のいろんな話を聞いてそれを感じることもあれば、歌や文学を通して「恨」の感情に気づくこともある。いわば、先祖から脈々と受け継いできた民族的感情の最たるものが「恨」なのである。
たとえば、日本人の場合、苦しいときは何か気晴らしが必要だと考えがちだ。気休めでもいいから、何か楽しいことで苦しさをまぎらわそうとする。

でも、韓国人の場合は、苦しいときに気晴らしがあるとそれが終わったときに苦しみがもっとひどくなるから、そういう楽しみだったらないほうがいいと考える。
むしろ、今の苦しみをありのままに受け取って、その苦しみの中に何か意味を見いだそうとする。
あるいは、自分の生活の中で避けることができない苦しみがあれば、それは宿命としてずっと抱えていくしかないと思い、その中に安らぎを見いだそうとする……そうした感情が「恨」なのである。

それを日本人が理解することは難しいのだが、そういう感情があると知っておくだけでも、韓国ドラマの見方が随分と変わってくるかもしれない。

文=「ロコレ」編集部

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

日本の中年男性が旅先のソウルで実感したことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

2018.09.03

blank