「取材レポ」Apink 10月22日「NoNoNo」で日本デビュー決定!カップリング曲は「MyMy」!!

DSC_4642『Apink(エーピンク)』 とは、“最上級(A)の、女性らしい(PINK)少女たち”という意味で名付けられた韓国の女性アイドルグループ。メンバーは、パク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、 ソン・ナウン、キム・ナムジュ、オ・ハヨンの6人。2011 年4月韓国でデビュー。今年3月に発売された4th ミニアルバム「Pink Blossom」のタイトル曲「Mr.chu」は「SHOWCHAMPION」、「MCOUNTDOWN」、「MUSICBANK」、「音楽中心」、「人気歌謡」など韓国5大音楽番組で1位を総なめすることでグランドスラムを達成。韓国で幅広い年齢層から絶大な人気を博している。今やApinkの忙しさは韓国でナンバーワンであることは間違いない。ウンジ、チョロンは女優として高視聴率ドラマに出演し、ナウン、ボミはTVのバラエティ番組に引っ張りだこである。そんな彼女たちが、8月4日(月)東京・品川ステラボールにて1st Japan SHOWCASEを開催。
【動画】2014.8.4 part2 Apink1st Japan SHOWCASE開催!

DSC_4451DSC_4460DSC_4471

ショーケースは1部・2部に分かれて開催され、1部はマスコミ向けのショーケースとなり、2部はファンへ向けてのショーケースとなった。開催にあたって、延べ53,000件ものチケット応募があり、約26倍という高い競争率となった。ファンからは追加公演の希望があったがスケジュールの都合上、実現が厳しいという中、メンバーからの強い意向でマスコミ向けのショーケースの2階席が開放されることになり、抽選で選ばれた114名の幸運なファンもマスコミ向けのショーケースと記者会見をその目に焼き付けた。

DSC_4482DSC_4485

真夏の太陽が照りつける中、物販コーナーにはイベント開始の数時間前にも関わらず長蛇の列ができ、Apinkのグッズを求めるファンでにぎわった。メンバーと同じ衣装姿の女性ファンの姿も多くみられた。15:30にマスコミ向けのショーケースが始まり、2階席にはピンクのペンライトやうちわを持ち、Apinkの登場を待つファンで埋め尽くされた。

DSC_4480DSC_4506

DSC_4520DSC_4618DSC_4552DSC_4569暗転し、スクリーンにApinkの紹介VTRが流れると、歓声が沸き起こった。司会者に紹介されたApinkの6人は白いワンピースに胸元にはネイビーのリボン姿で登場。2階席のファンから大歓声で迎えられ、関係者からも「かわいい!」とたくさんの声が上がった。6人の妖精たちは「みなさん、初めまして、私たちはApinkです」と声を合わせて笑顔であいさつ。その後メンバー一人ずつの自己紹介へ。

 

チョロン

DSC_4478

まずはリーダーのチョロン「みなさん初めまして。Apinkのリーダーチョロンと申します。今日Apink 1st Japanショーケースのためにたくさん集まっていただき本当にありがとうございます。たくさんのマスコミ関係者の方々の前ですのですごく緊張しています。韓国ではデビュー4年目になりますが、日本ではこれからデビューとなります。新人の心で初心を忘れずもっとがんばりたいと思うので暖かい目で見守っていただけるとうれしいです。最後まで一緒に楽しんで応援してください。ありがとうございます」

 

ボミ

DSC_4496

続いて、ボミ「みなさんこんにちは、私はApinkの中で性格が明るく雰囲気メーカーでダンスを担当しています。ピョンピョン跳ねるスパークリングボミです。また日本に来られて本当にうれしいです。これからもたくさん応援してください。会いたかったです」と愛嬌たっぷりにあいさつ。

 

ウンジ

DSC_4509

そしてウンジ「今日はすごくうれしいです。私はApinkのメインボーカルのウンジです。よろしくお願いします。今私は『トロットの恋人』というドラマの撮影を韓国でしていて、こうして日本でもデビューが出来ることになり、本当にうれしいです。これからも一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします」とあいさつ。

 

ナウン

DSC_4527

続いてナウンが「こんにちは、私はApinkのナウンと申します。日本のデビューが決まってとってもうれしいです。日本での1stショーケースなので素敵なステージをお見せできるようにがんばります」と笑顔を見せ、ナムジュは「日本のみなさんApinkが遂に日本に来ましたよ!Apinkのビタミン、ナムジュです。ボーカルを担当しています。今回のショーケースにたくさんの方々が応募して下さって本当にうれしいです。ここに居らっしゃる方々、そして今日来られなった方のためにこれから日本にたくさん来たいと思っています。よろしくお願いします」と来られなかったファンへの気遣いを見せた。

 

ナムジュ

DSC_4538

最後はハヨンが「みなさん今日来て下さって本当にありがとうございます。Apinkの末っ子ハヨンです。歳は一番下ですが、背が高くて大人っぽいとよく言われます。日本でモデル活動もしたいです。Apinkはもっと一生懸命活動しますので、たくさん応援よろしくお願いします」とメンバー全員が日本語を勉強中で日本語でのあいさつも完ぺきにこなした。

ハヨン

DSC_4557
日本語の勉強方法についてボミは「寮で日本のドラマを見ながら勉強します。スケジュールがたくさんあるときは車の中で日本の音楽を聞いて勉強しています」と話した。同じ質問にハヨンは「寝る前に単語を覚えて、映画や漫画を見て勉強をしています。最近覚えたのは単語ではないけど『この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします』です」と話し、記者やファンの笑いを誘った。

DSC_4606

日本デビューが決まった心境を聞かれたチョロンは「すべての事が新しく感じます。今すごく緊張していますが、これから日本のファンのみなさんと良い思い出をたくさん作って行きたいと思います」と答え、ウンジは「デビューすることになりとてもうれしいです。日本のファンのみなさんには早くデビューしますと約束をしていましたがやっとその約束を守ることができて(遅くなって)申し訳ない気持ちもありますが、それと同時にこれから一生懸命がんばりたいという欲が沸いてきました」とファンの方を見つめながら語りファンからは拍手が送られた。

DSC_4612

日本のファンへどのような姿を見せたいかという質問には「日本のファンのみなさんと初めて行うショーケースなので私たちのありのままの姿をお見せしたいと思います。よろしくお願いします」とナムジュが語るとナウンも「日本での初ショーケースなので、Apinkだけの色と魅力をお見せしたいです」とショーケースの意気込みを語った。その後「MyMy」と「Mr.chu」を歌いファンと関係者にApinkだけの色と魅力をパフォーマンスで見せた。「Mr.chu」が始まると客席2階から掛け声がかけられ、メンバーもファンへ向かって「chu!」とラブリーな振付けでファンサービスを行った。Apinkのステージを生で見てどうだったかと司会者が観客に尋ねると、ファンは「かわいい!」と声を揃えたため、メンバーは驚きと喜びで笑みがこぼれた。

DSC_4615

そして、チョロンから「この秋ユニバーサルミュージックから日本デビューが決まりました!」と発表されると、会場からは大きな拍手がメンバーに送られた。拍手をうれしそうに受け止めながらナムジュは「日本デビュー本当にうれしいです。この日を待っていたんです!」と笑顔を見せた。チョロンから「デビュー曲が気になりませんか?デビュー曲はこちらです!」と紹介され、スクリーンに大きく、「Apink 10月22日 Debut Single『NoNoNo』」と映し出され、ファンは黄色い歓声を上げた。

DSC_4587DSC_4592DSC_4544

続いて映像に「カップリング曲『MyMy』」と出てくると、歓声は鳴りやまなかった。この曲は音楽チャート番組で初めて1位を獲得したApinkにとって大切な楽曲。日本のデビューシングルにこの2曲が入るのは、日本における活動をリアルタイムに行っていく現れの一つと言える。

DSC_4598DSC_4603DSC_4581

デビュー曲「NoNoNo」について「この曲がみなさまの力になったらうれしいです。たくさん聞いてください」とハヨンがかわいくアピールし、ウンジも「『NoNoNo』が韓国の地上波で初めて1位を獲得した曲なので私たちにとっても特別な曲なんです。その曲を日本のファンのみなさんに聞いていただけるということでとても光栄です。どうかみなさんたくさん聞いてください」とウンジスマイルを見せた。

DSC_4686DSC_4698

この後、「NoNoNo」も歌い、ショーケースでは合計3曲が披露された。パフォーマンス後には質疑応答の時間が設けられ、改めてメンバーがたくさんの質問に答えた。

DSC_4645DSC_4649DSC_4656DSC_4660DSC_4672

DSC_4742

Q.10月22日「NoNoNo」で日本デビューすることになった、今の気持ちは?
チョロン:韓国でたくさん愛された曲を、また日本のファンのみなさんにお聞かせすることができて本当にうれしいです。日本のファンのみなさんの反応も気になります。
ウンジ:韓国でたくさん愛された曲なので、日本のファンのみなさんにもたくさん愛していただけるとうれしいです。これからも一生懸命がんばります。ありがとうございます。

DSC_4734

Q.「NoNoNo」が韓国で1位を取りましたが、日本での目標はありますか?
ナウン:1位になるということだけが大事だとは思いませんが、韓国でたくさんの方々に愛された曲なので日本のファンのみなさんにも愛されたいです。
ナムジュ:「NoNoNo」は韓国でたくさん愛されたので、日本のファンのみなさんとも「NoNoNo」で楽しみたいです!

DSC_4760

Q.Apinkは韓国No.1妖精アイドルですが、妖精アイドルでいるために日々気をつけていることは何ですか?
チョロン:妖精という言葉を頂いて本当にありがたく思っています。妖精になりたいと思ってそのために努力をしているのではなく、私たちのありのままの姿をステージで楽しんでみなさんにお見せしているのですが、その点がみなさんに気にいって頂けているのかなと思います。
ボミ:私も努力というよりは、チョロンお姉さんが言うように、ありのままの姿をお見せしているのですが、それをファンのみなさんが喜んでくださっていると思っています。練習も一生懸命して、ダイエットもがんばって、何でも一生懸命がんばっている所をみなさんがわかってくださっているのではないかなと思います。
ウンジ:ありのままの姿というには、正直言うには妖精の姿とはかけ離れているのかなと思いますが、私たちメンバーの普段の姿をみなさんが親しみを持って見て下さっている気がします。みなさんが私たちをかわいく見て下さってるのでその(妖精)ように見えるのではないかなと思います。
ナウン:私も、私たちの同じくらいの歳の人達と同じような飾らない姿をステージで見せているだけなんですが、妖精と言ってくださって本当にありがとうございます。
ナムジュ:メンバーたちが言っているように、妖精になるために努力しているというより最初のコンセプトが妖精以上というものだったんです。そういう風にしてステージでお見せしたのでみなさんが妖精として見て下さっているんだと思います。
ハヨン:私が、最後ですね。私は全部です。私が言いたかったことをメンバーが全部言いました(笑)

DSC_4707

Q.「NoNoNo」の日本語の歌詞と韓国語歌詞の違いはありますか?「NoNoNo」の曲アピールをお願いします。
チョロン:残念ですがまだ日本語の歌詞がありません。ちょっと待っててください(笑)
ウンジ:この曲はみなさんの力になってあげるという意味が込められているんです。アルバムのコンセプトがヒーリングなんです。聞いていただいた方が気楽に聞くことができて、歌を聞くことによって元気をもらえるという内容になっています。関連したエピソードがあるのですが、ファンの方から「この曲を聞いて少し考えが変わりました。以前はあまりよくない事を決心していたけど、前向きに気持ちを変えることが出来ました。この歌を聞いて力をもらいました」という手紙をいただきました。こんな風に「NoNoNo」はみなさんの力になってあげます。「がんばってね」というような意味合いが込められています。

DSC_4709

Q.新しくファンになる方のために、一人ずつアピールポイントと得意なポーズを取ってください。
ハヨン:私は背が高いから、このポーズです。(自分で身長を測るようなポーズ)。私のアピールポイントは背と、若さです。一番若いですから!
ナムジュ:私のアピールポイントは、大きい目かなと思います。大きい目をアピールするポーズは…大きい目の隣に指を持ってくるポースです。
ナウン:アピールポイントは…。長い髪
ボミ:私も長いです!(会場に笑いが起き、ナウンが何にしようかと困っているとボミが)腰が細い!!
(ナウンはうなずいて、腰に手をあてて、腰の細さをアピール。)
ウンジ:私は笑顔。笑うと口元が上がるのが特徴なんです。あと男前(ガッツポーズを作りながら満面の笑みをみせる)
ボミ:私は背が低いです。スパークリングで、運動することが好きです。ピンポンとかテコンドーとか。そして食べることが好きです。海産物が好きです。イカとかタコとかわかめです。(ポーズは「Mr.chu」のポーズ)
チョロン:私はApinkの中で一番年上で一番背が低いですが、リーダーなので、リーダーらしい重みを持って、リーダーらしいポーズをします。(両手を腰にあてるポーズ)

DSC_5070DSC_5088DSC_5101DSC_5128DSC_5139DSC_5150

Q.日本で共演してみたい芸能人は?
チョロン:私はドラマ「ホタルノヒカリ」の主演の方(綾瀬はるかさん)です。ドラマが本当におもしろかったです。
ボミ:私は安室奈美恵先輩です。日本語の勉強をする時も安室奈美恵先輩のステージの映像を見ましたがひとりであれほど大きなステージをいっぱいにするという所を本当に尊敬しています。ぜひ一度お会いしてみたいです。
ウンジ:私は日本の芸能人に会うと不思議で仕方ないと思います。古家さん(司会者)と共演してみたいと思います。
ナウン:SMAP先輩たちです。日本で長く愛されていると聞いていますし、一度お会いできたら光栄だと思います。
ナムジュ:ドラマ「家政婦のミタ」のミタさん(松嶋菜々子さん)です。お会いしてみたいです。
ハヨン:私は「正義の味方」というドラマを見たのですが、そのドラマのお姉さん役の山田優さんにお会いしたいです。背も高くて顔もキレイで、うらやましいです。私も山田さんみたいになりたいです。

DSC_5066DSC_5085DSC_5100DSC_5110DSC_5134DSC_5148

 

時間の許す限り記者の質問に答え、ほとんどの質問に日本語で答え、日本デビューへ向けた強い意志が感じられた。最後にリーダーのチョロンが「今日は本当にありがとうございました。今日Apinkは日本で第一歩を踏み出しました。この大事な瞬間をここに居るみなさんと一緒に迎えることができて本当にうれしく思っています。今日という日をしっかりと胸に刻みたいと思います。これからApinkは日本でデビューとなりますが、Apinkがどのように成長していくのか、ここにいらっしゃるみなさんは特に暖かい目で見守っていてください。今日は本当にありがとうございました。そして今日来て下さったファンのみなさんもありがとうございました」と関係者とファンへ意気込みと感謝の気持ちを語った。

DSC_4833DSC_4834

 

妖精のような清楚なルックスと、抜群の歌唱力、そして6人揃ったダンスパフォーマンスでそれぞれの魅力をたっぷりと見せ、マスコミ向けのショーケースは幕を閉じた。

DSC_4849DSC_4858

 

韓国No.1と言われるだけあっての、パフォーマンス力とルックスを兼ね揃えたApink。デビュー前のショーケースでプラチナチケットとなるほどの人気を見せつけた彼女たちのデビューの日は一体どんなことになるのか期待が大きく膨らむ。

 

DSC_5265DSC_5297

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

Apink オフィシャルブログ http://ameblo.jp/apink-japan/

 

 

 

2014.08.05

blank