RAIN(ピ)×イ・ドンゴンが15年ぶりに競演!「スケッチ(原題)」描かれた未来に立ち向かう運命と愛を描いたサスペンス・アクションドラマDATVで9月 日本初放送!

© Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.

 

株式会社デジタルアドベンチャーは、自社テレビ局「DATV」において、8月25日 1話先行放送、9月本放送スタートでRAIN(ピ)×イ・ドンゴン主演「スケッチ(原題)」を日本初放送することに決定いたしました。

「スケッチ(原題)」は、話題のドラマを多数放送しているJTBCで先週までO.Aされており、決められた未来を変えるために奮闘する人々の姿を描いたサスペンス・アクションドラマ。
恋人を失った捜査一課のエース刑事と72時間以内に起きる未来の出来事をスケッチし、絵で表現できる女刑事が共に協力し、殺人事件を追っていくストーリー。RAIN(ピ)は、抜群の直観力と実行力で事件を解決する一方、変化を怖がらない独特の捜査方法で警察幹部の間でも有名なエース刑事カン・ドンスを演じる。ある日、結婚を約束した恋人が殺され、真実を暴くために奮闘する。

そして今回、RAIN(ピ)と15年ぶりに共演するのは、「サンドゥ、学校へ行こう!」以来のイ・ドンゴン。
今回彼が扮するのは、特殊戦司令部所属のキム・ドジン。妊娠中の愛する妻が何者かによって殺されたことで復讐を計画するようになる。RAIN(ピ)とイ・ドンゴンの成熟かつ濃厚な男の魅力対決は必見!
他にはない題材と手に汗握るストーリー、そしてサスペンス・アクションが合わさった予測不能な展開をお見逃しなく!

その他、DATVでは『真夏の雨上がり~RAIN特集』と題して、RAINの最新のファンミーティング
「RAIN Japan Fan Meeting 2018 ~雨音~」を日本初放送!またファンミ直前に直撃インタビューした「RAIN独占インタビューSP」も合わせて放送!暑い夏はRAIN特集でお楽しみください。

(2ページに続く)

・Rain(ピ)&イ・ドンゴン、ドラマ「スケッチ」終了の感想「大変だったけど成長」

・「PHOTO@ソウル」チョン・ジフン(RAIN:ピ)、イ・ドンゴンら、「スケッチ」の打ち上げに参加

・SHINee、10周年もSHINeeらしく…「ユ・ヒヨルの スケッチブック」出演

・「韓流・華流ドラマチャンネル」の6月ラインナップを発表! 『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』と『オー・マイ・ビーナス』が「AbemaTV」に初登

2018.07.24

blank