「PRODUCE 48」、イ・ガウン&クォン・ウンビ&パク・ヘユンが見せた“リーダーの品格”

2018.07.21

危機こそ輝くリーダーシップ。イ・ガウン、クォン・ウンビ、パク・ヘユンが困難な状況にもかかわらず、メンバーをなだめながらステージに上がった。

20日に放送されたMnet「PRODUCE 48」では、ベネフィット5000票をかけてポジション評価バトルがおこなわれた。

各チームで1位のベネフィットは5000票だが、ポジション別1位のベネフィットは10万票だった。10万票なら十分に順位変動に大きな影響を及ぼす投票数。切なる思いが集まったが、出発は簡単ではなかった。各チームのステージを完成させるのに、一番大きく貢献したのはリーダーの役割だった。特に注目されたのはイ・ガウン、クォン・ウンビ、パク・ヘユンの3人だ。

イ・ガウンは、ワン・イロン、イ・シアン、白間美瑠、チャン・ウォニョンと共にダンスポジションを選択した。アリアナ・グランデの「Side To Side」でステージに上がることになり、序盤の雰囲気は一番良かった。振り付け創作の速度、習得の速度の面でかなうチームは他になかった。ただ、センターのイ・シアンがものすごく委縮しているというのが不安要素だった。イ・シアンは「順位を気にしていたようだ。少し自分が委縮して小さくなっているのが、自分自身でもすごく嫌だった」と心境を吐露した。

イ・シアンはイ・ガウンを抑えてセンターに選ばれたのだった。しかし練習中にトレーナーのペ・ユンジョンから「どうしてシアンがセンターなの?見えない」と言われた。センターを他の人に変えることはできるが、イ・ガウンはイ・シアンが最後まで集中できるように励ました。「うちのメンバーたちがくじけていないか、ずっと見ている」と語るイ・ガウンは“ガールクラッシュ”の魅力を放った。

(2ページにつづく)

 

  • 「PRODUCE 48」、影響力+話題性で3週連続1位に
  • 「PRODUCE 48」側、ボラ(元SISTAR)をイ・スンギの代打でスペシャルMCに抜てき
  • 「PRODUCE 48」デビューグループ、1年半は専属、1年は兼任で活動で合意
  • 「PHOTO@金浦」AKB48、HKT48ら、Mnetバラエティ番組「PRODUCE 48」収録参加のため韓国入国