「少女時代」、初のベストアルバム「THE BEST」が初日オリコンデイリーチャート1位

「少女時代」、初のベストアルバム「THE BEST」が初日オリコンデイリーチャート1位

「少女時代」の初めてのベストアルバム「THE BEST」が23日発売になり、店着日初日オリコンデイリーチャート1位(22日付け)を獲得、2位にダブルスコア近くの差を付けての首位となり好発進を見せた。

「少女時代」初のベストアルバムとなる本作は、衝撃の日本デビューを飾った「GENIE」、ミュージックビデオが社会現象にまでなった「Gee」、初の日本オリジナル楽曲でファン層を一気に拡大し、韓国女性アーティスト初のミリオンヒットの原動力となった「MR.TAXI」から「GALAXY SUPERNOVA」までの全シングル9曲、初回盤・通常盤の収録曲に、韓国タイトル曲(日本語版)を2曲追加、さらに最新曲「Mr.Mr. (Japanese ver.)」、そして新曲「Indestructible(インディストラクティブル)」を初収録した、文字通りベストオブベストという内容になっている。

新曲「Indestructible」は、“こわれないもの”“不滅なもの”という意味で、現在までの少女時代の軌跡を想起させるような言葉が強く印象に残るバラードナンバー。メンバーからの強いリクエストにより、ツアーファイナル(代々木第一体育館11〜13日)のみのスペシャルサプライズとして、新曲「Indestructible」のリリックビデオ(楽曲の歌詞を強調した映像)をライブの最後に特別に公開した。

彼女達のレパートリーでは珍しく「歌詞が最強アイテムの新曲」ということで、発売前から話題となり、歌詞検索サイト「歌ネット」では先週(07/14〜07/20)のウィークリーでランキング1位を獲得した。ウィークリーでは2か月以上「Let It Go」が1位。2か月ぶりに「少女時代」の「Indestructible」が首位を奪還した形となった。

またコンプリート盤のみに収録される、メンバーそれぞれがセレクトした“Member’s Recommend”のトラックリストも公開された。メンバーそれぞれの趣向が垣間見えるセレクションとなっている。

日本でのソフトの総売上枚数は420万枚、YouTubeの総再生回数は11億回、3回の日本ツアーの総動員数は55万人(韓国女性グループ最多)、韓国グループ初のミリオンセラーなど、数々の記録を打ち立ててきた「少女時代」。初のベスト盤のリリースで次なる記録の樹立に期待がかかる。

 

WOW!korea提供

2014.07.24

blank