「god」ソン・ホヨン 麻薬類管理法違反の容疑で調査

「god」ソン・ホヨン 麻薬類管理法違反の容疑で調査

ソウル中央地検は、向精神医薬品の一つであるゾルピデムを服用した疑い(麻薬類管理法違反)で「god」のソン・ホヨンを先月末に調査をしたことが、12日明らかになった。

ソン・ホヨンは昨年5月、恋人の死から数日後に自殺を試みた。この時家族が処方を受けて保管していたゾルピデムを服用したことが分かっている。

警察は、現場鑑識の中でこの事実を確認し、送致した。不眠症治療用の睡眠薬として使われるゾルピデムは、長い間服用すると幻覚症状のような副作用が表れることから、必ず医師の処方が必要とされている。

ソン・ホヨンに対し、処分があるかどうかについてはまだ決定していないと伝えられている。

 

WOW!korea提供

2014.07.12

blank