WINNERが米巨匠監督と息を合わせて史上最高級のMVを予告

人気アイドルグループWINNERがアメリカの巨匠監督、海外の振付け師らと新しいミュージックビデオを撮影した所感を伝えた。

今日(31日)の昼12時、NAVER TVにはWINNERの2ndフルアルバムのタイトル曲「EVERYDAY」ミュージックビデオのメーキング映像第2弾が公開された。

 

アメリカL.A Malibu(マリブ)のミュージックビデオの撮影現場で、イ・スンフンは「海外の振付け師と作業しました。互いに話をよく聞きながら息を合わせたので、より素晴らしい振りつけと動きができたようです」と史上最高級の完成度を予告した。

今回のミュージックビデオは昨年4月4日に発表された「REALLY REALLY」を演出したデイヴ・メイヤーズ(DAVE MEYERS)監督と再び意気投合した作品だ。

ソン・ミンホは最近「グラミーアワード」で賞をとったアメリカの巨匠監督との再会に、「2回目だからコミュニケーションもよくできそうです」と喜びを伝えた。

(2ページに続く)

  • WINNER、4月4日に2ndフルアルバムを発表
  • 「WINNER」、カムバック団体ポスター公開!
  • ”カムバックD-8”「WINNER」、タイトル曲は自作曲「EVERYDAY」に決定… MINOのソロ曲も収録へ
  • 「WINNER」、彼氏のようなイメージのソロティーザー公開
  • 2018.03.31

    blank