「コラム」BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

写真=韓国陸軍公式サイトより

BIGBANGのメンバーの兵役に関して言うと、G-DRAGONが2月27日に白骨部隊の新兵教育隊に入り、SOLが3月12日に青星部隊の新兵教育隊、D-LITEが3月13日にイギジャ部隊の新兵教育隊に入隊した。すべて、最前線にある部隊である。なぜ3人は足並みをそろえたのか。

結束して示した強い覚悟
BIGBANGの3人が入隊した白骨部隊、青星部隊、イギジャ部隊はすべて、朝鮮戦争のときの激戦地に駐屯している最前線の部隊である。
ひとたび戦争が起こった場合には、再び激戦地になる可能性が高い。それゆえに、韓国の陸軍でも精鋭の歩兵師団が駐屯している。
そうした部隊の新兵教育隊に、G-DRAGON、SOL、D-LITEが次々と入っていった。

前例から言えば、BIGBANGのようなビッグネームのメンバーであれば、義務警察の広報団に入るケースが非常に多い。実際にBIGBANGで一番最初に兵役に入ったT.O.Pも当初は義務警察に入っている。
しかし、彼は過去の不祥事が明るみに出て、義務警察から社会服務要員に兵役の種類を変えている。
この事実によって、他のメンバーにも影響が及んだ可能性が高い。
つまり、義務警察の広報団という選択をせずに、むしろ最前線の部隊に行くことで、3人は結束して強い覚悟を示そうとしたのではないか。(ページ2に続く)

2018.03.29

blank