「取材レポ」世界中のファンが虜!「C-CLOWN LIVE EVENT IN JAPAN」を開催!!

DSC_6342

2012年7月に「Not Alone」で韓国デビューを果たしたC-CLOWNが6月21日(土)東京・渋谷のアイアシアタートーキョーにて「C-CLOWN LIVE EVENT IN JAPAN」を開催した。単独公演となる今回のライブイベントには日本全国のみならずアメリカやフランス、インドネシアなど世界各国のファンも駆け付けた。

会場が暗転しメンバーの顔がスクリーンに映し出されると、グリーンのペンライトが揺れ、メンバーの名前を呼ぶ声が響いた。ブラックの個性溢れるスタイルで登場したC-CLOWNは、1曲目の「SOLO」へ。開始早々、ファンの心を掴むステージを披露した。

DSC_6350DSC_6359

DSC_6372鳴りやまない歓声に笑顔で応え、1人ずつ自己紹介。トップバッターは「僕はC-CLOWNの真珠!シウです!」とシウ。「僕はC-CLOWNの未来!(笑)マルです!」と末っ子のマルが可愛らしく頭を下げた。続けてロムが「僕はリーダーのロムです!」と礼儀よくあいさつ。次にレイが「僕はC-CLOWNの1番のビジュアル!レイです!」と話すと、かぶせるようにカンジュンが「僕はC-CLOWNのスーパービジュアル!カンジュンです(笑)」と話しファンの笑いを誘った。最後にT.Kも「僕はラッパーのT.Kです!」と、全員が日本語であいさつをした。
久しぶりの日本公演はどうですか?の問いに「うれしいです!」とT.Kが日本語で答えた。もし日本で自由な時間があったらどうする?との問いには、「クラウン(C-CLOWNのファン)とデート!」とカンジュンが照れながら答えるとファンからは悲鳴が。続けてレイが「デートをするなら映画を観に行きたいです。」と話し、ロムは「日本のおいしいものを食べに行きたいです。」と語った。

DSC_6381DSC_6445

「遠く遠く」ではセクシーな振り付けにファンの視線は集中。一糸乱れぬダンスにファンからは大きな歓声が送られた。「車の中で」では、ステージギリギリまでファンに近づき、目線を合わせた。悲しい歌詞とブルーの照明に包まれたC-CLOWNの姿が印象的なステージを見せた。

DSC_6546DSC_6548

ここでステージ上に残った3人が韓国でのおすすめスポットを紹介した。マルは「音楽番組です!音楽番組に応援にきてください!」と伝えた。ロムは若者の街、弘大(ホンデ)を紹介。「音楽やアート、ファッションなど原宿のような街です。」と紹介した。T.Kは「私の心の中です!」と答え、続けて「デートなら僕の家!一緒にご飯を食べて、一緒に寝ます!」との発言にファンは大興奮。一方、末っ子のマルは頭を抱え、笑いを誘った。

DSC_6556DSC_6588

ここで今回初めて披露するというスペシャルステージへ。ロングのかつらに大きなリボン、ふわふわのチュチュに身を包んだカンジュン、レイ、シウが登場!オレンジキャラメルの「カタルリナー」が流れ始め、キュートなダンスを披露した。普段見ることのできない可愛らしい姿にもちらんファンは大興奮!終盤ではかつらを脱ぎ捨て、男らしい激しいダンスを見せ会場は大爆笑に包まれた。

DSC_6526

「good night」では雰囲気を変え、高い歌唱力でしっとりと歌い上げた。ノンストップで「偶然だ」へ。重低音が印象的なダンスナンバーでは力強いパフォーマンスと、ロムとT.Kのラップで盛り上げた。

DSC_6557DSC_6570

DSC_6575ここでステージはゲームコーナーへと移った。内容は2つのチームに分かれ、ミッションカードに書かれた内容に合うファンを見つけ出すというもの。ミッションが書かれた紙は風船の中に入っており、メンバーが抱き合って割らなければ見ることができないのがポイント。チームはロム・レイ・マルとカンジュン・シウ・T.Kに分かれた。カンジュン・シウ・T.Kチームはなかなか割れない風船をどうにか割ろうと、力強く抱き合ってみるがどうしても割れず、何度も、ぎゅーっと抱き合う姿にファンは再び大興奮。ミッションは「C-CLOWNを携帯電話の待ち受けにしている人」や「男性ファン」、「自分のボードを持っているファン」など様々。ファンの協力もありロム・レイ・マルチームが勝利した。

DSC_6678

DSC_6675DSC_6693DSC_6698次に披露されたのはロム・シウ・マルによるダンスパフォーマンス。最初に登場したマルはアニメーションダンスを取り入れたダイナミックなダンスを、ロムとシウはセクシーなダンスを披露した。

DSC_6720

DSC_6606DSC_6616DSC_6618

再び歌のステージへ。「離れていくかも」のイントロが流れ始めると会場のボルテージは最高潮に。ノンストップで最後の曲「揺れている」へ。ファンからは今日一番の歓声と、曲に合わせた完ぺきな掛け声が送られた。

DSC_6595DSC_6601

C-CLOWNがステージを去った後も、興奮は冷めやらないままであった。メンバー1人ひとり名前とC-CLOWNコールが鳴りやむことはなった。すると、衣装をガラリと変えたC-CLOWNがステージへカムバック。「アムヘンオサ」ではアクロバットダンスを披露し、会場を沸かせた。

DSC_6941
最後は「ありがとうございました!」「愛してる!」など、ファンに近づきながら感謝を伝えた。別れを惜しむかのようにいつまでもステージから客席を見渡し、深く頭を下げたC-CLOWN。ファンの声に後ろ髪を引かれながらステージを後にした。

DSC_6930DSC_6957DSC_6964

公演終了後にはファン全員とのハイタッチ会が開かれ、大盛況で幕を閉じた。

DSC_6998DSC_7010DSC_7021
「輝く王冠(CROWN)を目指す6人のピエロ(CLOWN)が最高の音楽とパフォーマンスで歌謡界の最高になる。」という意思が込められているC-CLOWN。彼らのさらなる活躍を期待したい。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

2014.07.03

blank