ビルボード・ジャパン、TWICEの「Candy Pop」のヒット要因を分析…“年末年始の活躍が影響?”

ビルボード・ジャパンが、日本2ndシングル「Candy Pop」で前作の成果を超えたTWICEを分析した。先日「TWICE、年末年始の活躍がセールス力にも影響?! 前作との比較から見る『Candy Pop』の動向」という題目の記事が掲載された。

ビルボード・ジャパンは「『Candy Pop』はTWICEの1stシングル『One More Time』の初週累計が219,131枚であったのに比べ、本作は初動3日間で199,126枚、その後さらに10万枚以上のセールスを伸ばしており、前作の初週売上を8.5万枚も上回る結果となった」と伝えた。

さらに、「昨年7月の日本デビュー直後にはすでに話題性や人気を獲得していたTWICEだが、作品のセールスにおいて2作連続で初週累計20万枚を突破するという記録から見ても、その勢いは一目瞭然だ」としながら「そんな彼女たちの活動の中でも、2017年12月の紅白出場は既存ファンのみならず、お茶の間にまでその名を広める大きなニュースとなった」と付け加えた。

(2ページに続く)

 

【公式】「TWICE」、2度目の単独ツアーを開催=5月「Fantasy Park」

<KBS World>K-POP World Festival 2017 防弾少年団(BTS)、TWICE、MONSTA X、ASTRO、NCT127など旬のK-POPアイドルら出演!

<トレンドブログ>「TWICE」に続く?「SEVENTEEN」のグローバルな人気!

「iKON」B.I、15歳年の離れた妹と番組で「TWICE」カバーダンスを披露!

2018.02.22

blank