コン・ユ出演アクション映画『サスペクト 哀しき容疑者』9月13日公開決定!

『トガニ 幼き瞳の告発』『コーヒープリンス1号店<TV>』の爽やかな癒し系俳優コン・ユが、驚異の肉体改造を成し遂げ、ほぼノースタントによる超本格アクション大作「サスペクト 哀しき容疑者」の公開日が9月13日に決定し、新宿武蔵野館ほか全国順次公開する運びとなりました。

 

主演のコン・ユが極限まで鍛え上げられた筋肉美を激しく躍動させ、妻と子を殺され復讐に燃える脱北者であり、殺人の罪を背負わされる男を見事演じています。さらに殺人犯にされたコン・ユを執拗に追いかけるのは『依頼人』のパク・ヒスン。眼光深くに宿らせたカリスマ性を冷徹な役柄に投影し、因縁の対決から生まれる男同士の胸打つストーリーをスリリングに牽引します。そんな話題の本作がついに日本上陸致します。

また脚本は『ある会社員』の監督と脚本を担当した、イム・サンユン。監督は『セブンデイズ』のウォン・シニョン。空・陸・水を縦横無尽に行き来するダイナミックな見せ場を演出している。そこに、『神弓 –KAMIYUMI-』のオ・セヨン武術監督によるリアルな肉弾バトル、『チェイサー』、『哀しき野獣』のイ・ソンジェ撮影監督による瞬速カメラワークなどが、加わり、韓国最高峰のスタッフが、限界を超えた最進化系アクションの集大成を結実させました。

 

「サスペクト 哀しき容疑者」

 ≪STORY≫

都会の片隅で孤独に暮らす脱北者チ・ドンチョル(コン・ユ)。彼の正体は、北朝鮮特殊部隊の元エリート工作員。目的はただひとつ、愛する妻子の命を奪って逃げ延びた犯人への復讐。運転代行業をしながら犯人の行方を追っていたドンチョルは、唯一親身に接してくれたパク会長の殺害現場を目撃し、ある遺品を手にする。その瞬間から、妻子の復讐に燃える「追跡者」というだけではなく、会長殺しの「容疑者」として“国家の狩猟犬”セフン大佐(パク・ヒスン)に追われる二重の運命を背負ってしまう…。

監督: ウォン・シニョン脚本:イム・サンユン出演:コン・ユ、パス・スンヒ

原題:용의자(The Suspect)/韓国映画/2013年/2.35:1/137min./カラー/DolbyDigitalSRD

©2013 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND GREEN FISH ALL RIGHTS RESERVED.

 

9月13日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!

2014.06.20

blank