B.A.Pの強烈なカリスマ性をアピールする「HANDS UP」

KBS2「ミュージックバンク放送画面キャプチャー

 

人気アイドルグループB.A.Pが、KBS2「ミュージックバンク」で新曲「HANDS UP」を披露した。

13日に8thシングルアルバム「EGO」を発表したB.A.Pは、22日に放送された「ミュージックバンク」に出演してタイトル曲「HANDS UP」を歌った。

壮大な雰囲気で舞台の幕をあけたB.A.Pは、歌詞にふさわしい強烈なパフォーマンスを披露した。爆発するような歌唱力と、切れのある群舞で歓声を導き出した。

B.A.Pの新曲「HANDS UP」は、自分自身を閉じ込めている偏見から脱してあるがままの「自分」を探そうというメッセージを込めた歌詞で、B.A.P独自のカリスマ性をアピールした楽曲だ。

 

10asia+Star JAPAN

 

B.A.P、セクシーでパワフルな魅力をアピール…「MOONDANCE」&「HANDS UP」

Zion.T、「人気歌謡」で1位…「TWICE」、「B.A.P」らがカムバック

「個別インタビュー」“B.A.Pの弟分”TRCNG、10代のうちにしておきたいことは?「韓国の音楽番組と日本のオリコンで1位、そして東京ドーム公演!」

「PHOTO@ソウル」PENTAGON、B.A.P、TWICEら「ミュージックバンク」のリハーサルへ

2017.12.22

blank