「取材レポ」イ・ミヌ「M Style」はTokyo Style?!「2014 M+TEN TOUR IN TOKYO」開催!

A1A_0984
韓国の人気グループ、SHINHWA(神話)のイ・ミヌが6月7日(土)東京・ZeppTokyoにて、6年ぶりとなる日本コンサート「2014 M+TEN TOUR IN TOKYO」を開催した。
イ・ミヌは6人組人気アイドルグループSHINHWAのメンバー。どこにいても自分だけのスタイルで輝く男イ・ミヌはソロの時には、あえて知名度のある“イ・ミヌ”ではなく“M”として活動し、2003年、Mという名前で初のソロアルバム「Un-Touch-Able」を発売し、切れのあるダンスに加えてセンスあるボーカルが印象的なステージは音楽関係者より注目を集めた。
韓国で今年2月に発表したソロ10周年記念アルバム「M+TEN」をひっさげ、日本に6年ぶりに帰ってきたM(イ・ミヌ)。
いやがうえにも高まる期待の中、舞台の幕は開いた。
オープニングはステージ中央のスクリーンにバンドスタッフの紹介VTRが流れ、青いライトがステージから客席を照らす。今回のバックバンドはステージ両サイドに3層に配置され、ステージ中央は広く取られ、大きな階段があり離れた席からもよく見渡せる作りになっている。
今か今かと待ちわびるファンの期待が最高潮に達したとき、「東京、最高!」と叫びながらミヌ登場。

C1A_6918
赤いスーツに黒いインナー、サングラス姿のミヌが1曲目に選んだのは2009年6月に発表したミニアルバムから「Minnovation」。
ダンスソロの部分でははやくもイ・ミヌコールが会場に鳴り響いて存分に盛り上がった。
そのまま2曲目の「Punch」に入る前にもソロダンスを披露。
2曲終わったところであいさつ。
「(日本語で)みなさんこんにちは。僕はミヌです。本当にひさしぶりです。みんな、元気だった?僕は元気。日本語OK?すいませーん!」
ここからは韓国語で「会いたかったです。2階のみなさんもこんにちは。1部の公演もたくさんの人でしたが2部の公演にもたくさんきてくださいました。6年ぶりの日本での公演です。日本のファンの”ミヌー”という声援が恋しかったです。」

C1A_7321
ここで会場のファンが一体となって「ミヌー!」と大きな声で叫ぶと、「なにー」とおちゃめに日本語で返すミヌ。日本語、韓国語を交えたトークで久しぶりにMとして日本のファンに会えた喜びを伝えた。
続く3曲「Sweet Girl」、「Honeyコシギ(허니꼬시기)」、「シンギル(신기루)」では歌いながらジャケットをめくったり、ステージ前方ぎりぎりまで行ったり、その度に大きな歓声を浴びた。
ここで新曲「TAXI」のPV撮影現場、練習風景、バックステージの様子がVTRで流れ、中でも一番会場が盛り上がったのがSHINHWAのメンバーであるチョンジンが出てきた時だった。
VTRが終わると白のスーツに白いキャップをかぶり再び登場。

A1A_0942
ソロ10周年記念アルバム「M+TEN」より「Love Supreme」を披露。続く「I’M’U」では軽くジャンプをするように促し、ファンにマイクを向け一緒に歌うなど会場が一体となった。
直後のMCではマイクを変更するためにスタッフが登場したが、そのときもファンを退屈させないようにふざけて楽しませ、水を一口飲むごとにペットボトルを会場に投げ入れるなど頻繁にファンを沸かせた。
また、SHINHWAのメンバーの近況にもふれ「ヘソンとは会わなきゃいけないだけど、『会ってくれ』と頼まれるまで会わないつもりで、ドンワンは元気に過ごしていて、アンディも元気で、チョンジンからは『みなさんに会いたいです』と伝えてくれと言われて、そしてエリックは韓国でのコンサートではラップをしてくれたけど『お金がなくて航空券が買えない』と」、ここでファンが「えー!」と声をあげると、「冗談です(笑)。エリックは新しいドラマに俳優としてカムバックします」と明かした。

C1A_7027 (1)
次の曲はSHINHWAの「On the Road」で女性コーラスと一緒に歌うという、ここでしか聴けないスペシャルなステージを披露した。
続けて「Girl Friend +Just one night」、「ナンジャル ミッジマ(남자를 믿지마)」を歌い一度舞台裏へ。
バンド紹介の後、なんと中央スクリーンが左右に開き、そこにはイスに座るミヌが女性ダンサーを引き連れている。黒い帽子に赤いズボン、黒いトレンチコート姿で歌い始めた曲はなんとGirl's Dayの「Something」。
ミヌが歌うと全く違う雰囲気で原曲を知っていても楽しめる仕上がりだった。

C1A_7165
イ・ミヌコールが起こる中、再び衣装をHBAのジャケットとキャップ姿に替えて歌ったのはEXOの「ウルロン(으르렁)」。
やはり原曲より大人っぽい仕上がりで歌だけでなくダンスで会場を盛り上げた。
ソロ10周年記念アルバム「M+TEN」のタイトル曲「TAXI」のイントロが流れ再度違う衣装で現れたミヌ。もちろん黒スーツに胸元ははだけ、裾はズボンからでている酔っ払いスタイルで。ラップもミヌ自身が歌い会場は「TAXI GIRL」の大合唱となった。その格好のまま、こちらもソロ10周年記念アルバム「M+TEN」の曲「Thriller」を歌い、次の「M Style」で会場の熱気は最高潮に。曲の最後ではミヌの「1、2、3ジャンプ」の掛け声で会場は完全に一体と化した。
最後のMCではつらそうに汗をふく姿を心配するファンに対し「(日本語で)大丈夫です!」と話し、「一日に3回公演でも大丈夫です(笑)」と答えて喜ばせた。
「エンディングMCをしなければいけない時間ですが、今日は雨の中最後まで応援してくれてありがとうございます。今日の公演の主人公は他ではないみなさんです。これからは東京以外の他の地域にも訪れたいと思います」と話すと会場から大きな歓声が上がった。

C1A_7303
「Last first kiss」、「M+TEN」の曲「Intro+Kiss it away+Outro」をしんみりと歌い上げると名残惜しそうに舞台の袖に下がったと思ったら、なんと会場がアンコールを待ちイ・ミヌコールをしている間も裏から話しかけて退屈させないようにするミヌ。
黒いキャップ、白いタンクトップ、黒のパンツで現れたアンコールでは「Play My Song」を歌いながらファン、バンド、ダンサーにお疲れ様の意味をこめて握手を求めた。さらに3・3・7拍子をするように促し会場を盛り上げ続けた。
アンコール2曲目「Bump」でステージを歌いながら駆け回り、会場と一緒にジャンプをし続けた。やはりこの曲が今日一番の盛り上がりを見せていた。
ここでなんと終わるかと思われたが、「みなさんの熱気がすごいので本来ここまでのはずでしたが、すでに歌った曲の中からみなさんのためにもう一度『M Style』をお聞かせしてお別れとさせていただきます」とあいさつし、歌い始めた。歌詞の「M Style」を「Tokyo Style」に替えて歌うと会場は興奮に包まれ、最後に中央スクリーンにエンディングロールが流れている間もイ・ミヌコールは鳴り止むことはなかった。
アンコール含め全20曲を披露した「2014 M+TEN TOUR IN TOKYO」は大成功で幕を閉じた。

C1A_7650
6年ぶりの日本でのMとしての舞台を楽しみにしていたファンの期待に十二分にこたえる内容であったことは間違いなかった。ファッショニスタの名にふさわしく短い時間に何度も衣装替えし、常にファンに気を配り、盛り上げ続けようとする姿はさすがデビューから16年たっても第一線で活躍し続けるアーティストである。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

写真提供:(株)マザーベース

撮影:TAKAHIRO KIKUCHI

 

■「SHINHWA」日本公式ファンクラブhttp://shinhwa-fc.jp/

2014.06.09

blank